丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「朝比奈泰朝」最後まで今川家に忠義を尽くした今川重臣

朝比奈泰朝(あさひな やすとも、1538?-?年)は今川氏3代に仕えた宿老・朝比奈泰能の子で遠江・掛川城の城主。

経歴

1538年(天文7年)、誕生とされるが定かではない。

1557年(弘治3年)、父・泰能の死後に家督と掛川城を継ぎ、今川義元に仕え、各地を転戦して軍功を上げ、今川氏の重臣となる。

1560年(永禄3年)、主君・義元が尾張へと侵攻した際、先鋒の大将に任じられた井伊直盛(いい なおもり)と共に織田信長側の鷲津砦を攻略した。しかし、義元が織田軍によって討ち取られたため、鷲津砦を放棄して軍を撤退することになった桶狭間の戦い

その後は新たな今川家の当主・今川氏真に仕えるも、義元の死によって今川領内は混乱状態となり、今川家から離反する国人らが相次いだ。松平元康(のちの家康)も今川から離反して独立を果たしている。

そうした混乱の中で、1563年(永禄5年)には泰朝は氏真の命を受けて、松平元康(のちの家康)に内通した嫌疑をかけられた今川家臣・井伊直親を襲撃して討ち取っている。

甲斐の武田氏とは甲駿同盟を締結しており、氏真の妹・嶺松院と武田氏嫡男・武田義信が結婚関係にあった。しかし、1565年(永禄8年)に武田家で武田義信が廃嫡されて婚姻関係が解消されると、武田との関係が徐々に悪化。
そして、1568年(永禄11年)にはついに武田と手切れとなり、信玄は徳川家康と盟約を結んで今川領内に攻めてきた駿河侵攻(1568-70年))

泰朝は武田・徳川軍の侵攻で離反する家臣が続出する中でも、離反せずに忠義を貫き通した。 武田軍の侵攻で駿府を占領された氏真を居城・掛川城に迎え入れ、その掛川城に徳川軍が攻めてきた際には半年近くも落城させなかった。

1569年(永禄12年)には、氏真の命を助けるという条件で家康と和睦し、掛川城は開城となった。泰朝は氏真と共に北条氏康を頼って北条領に逃がれた。

しかし、1571年(元亀2年)に北条氏康が没すると、北条と武田の同盟関係が復活。これにより北条・今川間の協定は反故となり、泰朝は氏真と共に小田原を追われてしまうことになった。
氏真は家康の庇護下に入るが、泰朝はこれに同行せずにその後の消息は絶たれた。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP