丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「お船の方」兼続の正室として知られる良妻。

直江兼続の正室 "お船" といえば、歴史ファンや大河ドラマファンにとって、忘れることのできない人物の一人であろう。当時の時代背景や歴史的事件の真相を探る際に重要なカギを握っていたといっても決して言い過ぎではない。戦国時代から江戸時代初期という激動の時代を駆け抜けた彼女の人生には、数々のエピソードも。

激動の人生のスタート地点!

お船は、弘治3年(1557年)に越後上杉家の家臣・直江景綱の娘として生まれた。母親は山吉政応の娘であることでも知られる。

父の景綱には息子がいなかったため、お船が直江信綱を婿養子として迎え入れることになり、やがて景綱の死去に伴って信綱が直江家の家督を相続することになった。しかし、のちに恩賞に関するトラブルに遭遇した信綱は毛利秀広によって殺害されてしまう。その後、上杉景勝の右腕で知られる樋口兼続が景勝の命によって直江家を相続、「直江兼続」と称してお船と結婚することになる。

お船は兼続との間に一男一女を設けた。男児の名前は直江景明であり、その後の活躍が大いに期待されていたが、生まれながらに虚弱体質であり、両方の眼に病気を持つなどのハンディキャップを背負うという不幸な運命の持ち主であった。このため、両親に先だって若くして病没している。

兼続との結婚のきっかけは?

お船の生涯を語る上で欠かすことができないのが天正6年(1578年)御館の乱であろう。それはお船が直江兼続と結婚することになるきっかけとなった戦いだからである。

当時、上杉家の当主で強い力を持っていた上杉謙信は厠で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまった。死因は謙信の力を恐れていた人物に襲われたのではないかという憶測も飛び交っていたが、どうやら日ごろからの飲酒などによる病死ではないかと見られている。

謙信の死後、まもなくして勃発した後継者争いが御館の乱である。謙信が生前に後継者を決めていなかったため、後継者候補である謙信の2人の養子、すなわち上杉景勝と上杉景虎がその相続をめぐって激しく争うことになったのである。
この争いは、当初、実家の北条氏の軍や同盟国である武田軍の援軍をもっていた景虎方が優勢かにみえた。しかし、景勝がいち早く春日山城の本丸に入って金銀や兵器を押さえたことや、武田勝頼と和睦したことなどから状況が一変、景勝優位の展開となっていく。結果的に景勝方の勝利に終わり、敗れた景虎はわずか26歳という若さでこの世を去ることになった。

この乱が終わっても、家中では論功恩賞のトラブルが発生する。後継者となった景勝は自身の出身であった上田衆に多く与えたため、不公平な分配として不満を抱いた家臣らが続出したのである。
冒頭で記述した信綱殺害の一件もこの恩賞の不満から起きた事件であった。この時、信綱は襲撃してきた毛利秀広から身を守ろうと脇差を抜いて斬りかかるが、逆に返り討ちにあったという。

こうして跡取りがいなくなってしまった直江家を兼続が継いで、お船と直江兼続が結ばれることになった。直江家は謙信時代から重用された名家だったのもあり、景勝は直江家断絶を惜しんで2人を結んだのだろう。

その他、エピソード

お船の人柄の良さについては、そのエピソードにも多く登場している。

景勝とその正室・菊姫との間に生まれた上杉定勝の面倒を献身的にみたエピソードは有名である。むろん、この点はお船の夫・兼続も承知の上でのことである。菊姫は元々病気がちであり、上杉定勝を生んでまもなくこの世を去ってしまった。途方に暮れることになった景勝は兼続に相談を持ちかけ、お船に白羽の矢が立ったのである。その後も、上杉家と直江家の関係性が良好だったことはいうまでもない。

また、お船は兼続と幼少の頃より親しい間柄であったことでも知られる。小さい頃からの遊び仲間であった2人が、いわば運命のいたずらによって結ばれることになったのである。兼続は愛妻家であり文人としても知られている。たくさんの書物や漢詩などを集めていたが、それに理解を示す仲間はほとんどいなかったというエピソードも残っている。そんな中、理解を示していたのが妻であるお船であった。60歳で生涯を閉じた兼続が集めた書物などを直江版文選という形で再版したのもお船なのである。





おすすめの記事

 PAGE TOP