丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「直江兼続」”愛”がトレードマーク!上杉景勝の懐刀。

直江兼続の肖像画
「愛」と言う字が描かれた兜をかぶり、太閤秀吉も徳川家康もその才に惚れた名軍師・直江兼続。天下分け目の「関ヶ原の戦い」の火ぶたを間接的に切って落としたとされる名将、兼続の人物像と生涯にスポットを当てる!

景勝の側近として成長

直江兼続は、永禄3年(1560年)に樋口惣右衛門兼豊の長男として越後国魚沼郡坂戸城下にて誕生、母は信濃の武将・泉弥七郎重蔵の娘とされているが、諸説あって定かでない。なお、この年はかの有名な桶狭間合戦が行われており、織田信長が歴史の表舞台に登場した年と言う事になる。

兼続の幼名は "与六" といった。永禄7年(1564年)には、上杉家の家臣で上田長尾家当主・長尾政景が死去したのに伴い、世子の顕景が母とともに春日山に移っているが、与六も6歳となった翌年頃に遅れて春日山に移り、5歳年長だった顕景の小姓になったと思われる。 この顕景こそが上杉景勝であり、後の上杉家を背負うことになる。なお、景勝の母というのは上杉謙信の実姉・仙桃院であるが、聡明だった与六少年はその仙桃院から非凡な才能を見込まれて景勝の小姓に抜擢されたと伝わっている。

天正6年(1578年)、上杉家では謙信の死後まもなく、謙信の2人の養子、すなわち景勝と上杉景虎による家督争い(御館の乱)が勃発。19歳となった兼続と父兼豊は景勝方として戦功をたてたようだ。

乱が収束した翌天正8年(1580年)頃には景勝印判状の奏者を務める等、側近として活動がみられる。実際、同年8月には奉行として知行状を交付しており、この文書で初めて「兼続」と署名している。

直江家を継ぐ

天正9年(1581年)、突如、景勝の側近である直江信綱と山崎秀仙が毛利秀広によって殺害される事件が起こった。毛利秀広は御館の乱で戦功があったにもかかわらず、恩賞がなかったことを山崎秀仙のせいと思ったらしく、直江信網にとっては "とばっちり" を受けて命を落としたワケである。これにより、直江家は跡取りがいなくなったものの、主君景勝の命によって、兼続が信綱の妻であったお船を娶り、婿養子となった。

織田家との戦い

こうして兼続は直江家の家督を継いで与板城主となった。以後、上杉家は兼続と狩野秀治の2人による執政体制となる。この頃、越中国にまで勢力を伸ばしてきた織田軍から圧迫を受けていた上杉家だったが、兼続のもとに越中の上杉諸将から逐一織田軍の動向の報が入っていたことから、上杉家中における兼続の立場がうかがえる。

天正10年(1582年)に越中魚津城が窮地となった際にも、最期まで果敢に抵抗した魚津城の守将、いわゆる "魚津在城十三将" は連署で兼続に決死の覚悟を告げている。その後、6月3日に魚津城が陥落し(魚津城の戦い)、上杉家はいよいよ信長に追い詰められたところだったが、前日に本能寺で信長が討たれていたために難を逃れたのは周知のとおりだろう。

豊臣政権と兼続

信長死後まもなく、織田領となっていた武田旧領、甲斐・信濃・上野の3国を巡り、天正壬午の乱と呼ばれる争奪戦が徳川・北条・上杉の三氏で行なわれたが、兼続は信濃国衆との取次や帰参の窓口を務めるなど、最終的に上杉家が信濃国川中島エリアを押さえることに貢献している。その後、兼続は天正11年(1583年)に山城守を称し、天正12年(1584年)には狩野秀治が病に倒れたことで、兼続が単独で執政を取ることになり、名実ともに上杉家筆頭家老としての地位を確立した。

天下の趨勢が羽柴秀吉に定まりつつあった天正13年(1585年)には、兼続は景勝に従って秀吉にまみえたらしい。場所は越後と越中の間にある落水城であり、このとき秀吉に同行していたのが、のちの兼続の朋友とされている石田三成である。なお、上杉家は信長死後に発生した秀吉と柴田勝家の織田家中の対立の時点で、既に秀吉によしみを通じていたとみられる。

天下人・秀吉という協力な後ろ盾を得た上杉家だが、天正14年(1586年)に景勝・兼続は上洛して正式に秀吉政権に臣従することになり、景勝が従四位下・左近衛権少将に昇叙し、兼続も従五位下に叙せられた。なお、このとき秀吉の人質として景勝の妻・於菊とともにお船も上洛している。

天正17年(1589年)には景勝とともに佐渡国の本間氏を討伐し、佐渡国を平定。その後の佐渡支配を任された。天正18年(1590年)の豊臣政権による小田原征伐でも一役買っており、景勝とともに越後より出陣して関東諸城の攻略などで功をあげた。

文禄元-2年(1592-93年)文禄の役では、景勝とともに肥前国名護屋に駐屯、その後、朝鮮に渡り、熊川倭城を築城。また、文禄4年(1595年)に上杉家が越後・佐渡の金銀山の支配を任された際、兼続は立石喜兵衛・志駄義秀を金山奉行に命じている。豊臣政権下での兼続は、戦乱で荒れた越後国で新しい田畑の開墾を奨励し、産業を育成し、商業の発展に努めた。また、会津若松の地を狙い続けて敵対した伊達政宗への警戒も怠らなかった。

慶長3年(1598年)、秀吉の命令で景勝が越後から会津120万石に加増移封された際、兼続には出羽米沢など30万石の所領が与えられていた。そして、同年に秀吉が亡くなると、時代は天下分け目の「関ヶ原の戦い」へと突き進んで行くことになる。

直江状がきっかけで「北の関ヶ原」に出陣

秀吉死後、政権奪取をもくろむ五大老筆頭の徳川家康は景勝に上洛を命じたが、上杉側はそれを拒否した。それも景勝自身がしたためた書状ではなく、家臣の兼続が書いた書状で拒否してきた。これが関ヶ原の戦いの引き金となったとされる、俗に言う「直江状」である。
これは大企業が社長名で出した文書に対し、それを受けた中小企業側が社長名ではなく専務名で返信をしたのに等しい。家康にとっては許しがたい暴挙である。しかも嘘でも良いから「主人、景勝は病気で上洛できない」などと、それらしい理屈をつけての断り状であればまだしも、家康の行為を非難し、「(戦さを)やるなら、受けて立つ」という挑発的な断り状であったのだ。

その書状を見た家康は、普段は喜怒哀楽を表に出さないと言われていたが、顔を真っ赤にして頭から湯気をたてるがごとく、怒り狂い、すぐさま上杉討伐部隊を編成し、越後へ向かった。すると、大坂城に籠っていた三成が大阪城を出て、越後に向かう家康の軍勢の背後を襲うと言う作戦に出た。三成と兼続は朋友である。「兼続が家康を挑発し、家康が越後討伐に向かったら三成がその背後を襲い、景勝軍と三成軍で家康を挟み撃ちにする」といった兼続と三成の密約があったとまでされる。ただし、これは信頼性の高い史料になく、裏づけがない。

しかし、ここで不思議な事が起こる。越後へ向かった家康軍の進行が極端に遅いのである。本来、戦さを仕掛けるのであれば、敵に防衛のための時間的余裕を与えずに急襲するのが鉄則であるはず。そして三成が大阪城を出たと言う知らせを聞くと、家康軍は、きびすを返して越後などには目もくれず、真っすぐに三成軍めがけて進軍を開始、関ヶ原の決戦では家康率いる東軍の圧勝に終わったのは周知のとおりである。
このとき兼続は「北の関ヶ原」といわれる慶長出羽合戦において上杉軍の総大将として出陣、東軍諸将の最上義光らを相手に奮戦するも、関ヶ原決戦での西軍の敗戦を知って撤退を余儀なくされている。

徳川幕府下・晩年

敗戦後、兼続は景勝とともに家康に謝罪して上杉氏の存続を許されものの、出羽米沢30万石へ減移封。その後は徳川幕府に忠誠を誓い、治水事業や新田開発、殖産興業・鉱山の開発を推進するなど、米沢藩の藩政の基礎を築いていく。また、上杉家を守るために、家康の重臣・本多正信と交流を持つなどして徳川家との融和に奔走していった。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣においても徳川方として参戦し、鴫野の戦いなどで武功を挙げている。元和5年(1620年)病没、享年60。

墓所・史跡

兼続の遺骸は米沢の徳昌寺に埋葬されたが、その後、徳昌寺と林泉寺の間に争いが起こり、敗れた徳昌寺が廃絶したために東源寺に改葬された。その後、藩庁の裁定によって林泉寺に合祀された。

林泉寺(りんせんじ)

越後国守護代・長尾氏、および上杉家の菩提寺。直江兼続と妻・お船の墓もここにある。

  • 所在地:新潟県上越市中門前1-1-1

松岬神社(まつがさきじんじゃ)

秀吉の命で上杉景勝が会津120万石に加増移封されたのに伴い、兼続は米沢城主となったが、そのときに屋敷を構えた場所が松岬神社である。現在は上杉景勝、直江兼続、上杉鷹山などが祀られている。
明治時代、上杉神社に祀られていた上杉鷹山が松岬神社にも分祀された。その後、大正には新たに上杉景勝が、昭和には直江兼続が配祀された。

ちなみに関ヶ原合戦後の1601年(慶長6年)、直江兼続の屋敷は上杉家の米沢移封にともなって移転している。

  • 所在地:山形県米沢市丸の内1-1





おすすめの記事

 PAGE TOP