音と光の映像美の世界へと誘う「岡崎城天守閣 プロジェクションマッピング」の公式記録動画を公開

戦ヒス編集部
 2022/02/16
岡崎城(愛知県岡崎市)で2022年1月8日(土)から10日(月・祝)まで開催された、株式会社一旗プロデュースによる「岡崎城天守閣 プロジェクションマッピング」の公式記録動画が公開されました。

「岡崎城天守閣 プロジェクションマッピング」は、岡崎城天守閣に加えて、表玄関である幅16.4メートル・高さ11メートルの大手門と神橋で同時に行われた史上初の大規模プロジェクションマッピングイベント。岡崎市の文化や伝統をテーマに、重要文化財・冷泉為恭筆大樹寺大方丈障壁画、三河花火などのデジタルアートコンテンツを投影し、岡崎城を舞台に日本の伝統文化と最新技術が融合した芸術が多くの人を魅了しました。

一旗がプロデュースする作品のテーマは「Regenerate Japan(リジェネレイト ジャパン)」であり、Regenerate とは、再建する・再び作る・再生する・立ち直らせる・生まれ変わらせるを意味しています。

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」の歴史の舞台でもある岡崎城。徳川家康の誕生の地としても知られる岡崎城は、1959年に天守が3層5階建てに復興され、2006年には日本100名城に選定されています。岡崎城を中心とした岡崎公園は、東照公産湯の井戸や東照公えな(へその緒・胎盤)塚など見どころもたっぷりのスポットです。

当プロジェクションマッピングは、アフターコロナにおける観光復興を目指して、2022年の幕開けのナイトタイムを演出したものです。岡崎城を華やかに彩り人々を魅了したイベントにもう一度出会える動画。プロジェクションマッピングの公式記録動画が、伝統文化と最新デジタルアートの世界へと誘います。

※「岡崎城天守閣 プロジェクションマッピング」公式URL
https://youtu.be/KXWURogB7ng

◆ 開催概要
名称:岡崎城天守閣 プロジェクションマッピング
日時:2022年1月8日(土)〜1月10日(月・祝)18:00〜21:00
※約8分間のコンテンツを約5分間のインターミッションをはさんで連続投影
会場:岡崎城天守閣(愛知県岡崎市康生町561-1 岡崎公園内)
入場料:入場無料・事前申込不要
主催:岡崎市・岡崎市ナイトタイムエコノミー推進協議会
企画制作:株式会社一旗

※株式会社 一旗ウェブサイト
https://www.hitohata.jp

▼外部リンク
一旗プロデュース「岡崎城天守閣 プロジェクションマッピング」の公式記録動画を公開。徳川家康公生誕の地で日本100名城の岡崎城天守閣で史上初の大規模プロジェクションマッピング。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000046440.html
  この記事を書いた人
戦ヒス編集部 さん
戦国ヒストリーの編集部アカウントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連カテゴリー・タグ