「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」日本の歴史に焦点をあてた企画展。すみだ北斎美術館で12月21日から

戦ヒス編集部
 2021/11/27


すみだ北斎美術館において、2021年12月21日(火)から2022年2月27日(日)にかけて企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」が開催されます。

江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎とその弟子たちが歴史上の人物や事件を描いた作品を集めた企画展で、高校の日本史の授業で取り上げられるような人物・事件を主に取り上げ、神話の時代から安土・桃山時代、江戸時代、明治時代(弟子が描いた)までの歴史にまつわる作品が展示されるようです。

北斎やその弟子たちが描いた作品を通じて、教科書や歴史小説などでも知られる有名な歴史的場面が楽しめるほか、江戸時代の作品から日本の歴史を見ることで、江戸時代の人々がどのような歴史の見方をしていたのかをうかがい知ることができます。

◆展覧会構成
神話の時代、古墳・飛鳥時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土・桃山時代、江戸時代、明治時代

◆北斎が描いた武将たち
作品の中には、上杉謙信と武田信玄の戦いとして有名な川中島の戦いの名場面を描いたものや、北斎の弟子・二代目葛飾北斎が描いた徳川家康の肉筆画などもあり、<安土・桃山時代>では、戦国大名を描いた作品を中心に紹介されます。

◆開催概要
・展覧会「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」
・会期|2021年12月21日(火)~2022年2月27日(日)※前後期で一部展示替えあり
前期|2021年12月21日(火)~1月23日(日)
 後期|2021年1月25日(火)~2月27日(日)
・休館日|毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月1日)
 ※開館|1月2日(日)、1月3日(月)、1月10日(月・祝)、休館|1月4日(火)、1月11日(火)
・開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)
・主催|墨田区・すみだ北斎美術館
・お問い合わせ|03-6658-8936 (9:30~17:30 ※休館日を除く)
・公式サイト|https://hokusai-museum.jp/hokusaidenihonshi/
・観覧料
 一般 1,000円
 高校生・大学生 700円
 65歳以上 700円
 中学生 300円
 障がい者 300円
 小学生以下 無料

●AURORA(常設展示室)、常設展プラス観覧料含む
●団体でのご来館は、当面の間、受付を行いません

▼外部リンク
企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」、すみだ北斎美術館で12月21日から開催
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/202111253934

  この記事を書いた人
戦ヒス編集部 さん
戦国ヒストリーの編集部アカウントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連カテゴリー・タグ