重要文化財「白地黒搔落龍文梅瓶」も公開!白鶴美術館が春季展覧会「白鶴コレクション探訪」を開催

戦ヒス編集部
 2022/02/17
神戸市東灘区の公益財団法人白鶴美術館は、2022年3月5日(土)から6月5日(日)まで2022年春季展覧会「白鶴コレクション探訪」を開催。重要文化財「白地黒搔落龍文梅瓶」などの陶磁器の名品や絨毯を大公開します。

「白鶴コレクション探訪」展は、本館「中国陶磁編」と新館「ペルシア絨毯編」で展開。新館の展示は4月からの開催です。

白鶴美術館は、白鶴酒造7代の嘉納治兵衛(鶴翁)によって昭和9年(1934年)に開館された美術館であり、現在では国宝2件(75点)、重要文化財22件(39点)を含む約1450点以上の作品を所蔵しています。

中国陶磁器の所蔵館として世界的に知られており、陶磁器等の展示では「モノクローム」と「色絵」という色彩の対照性に着目、漢時代から清時代までの中国陶磁史について知ることができます。

重要文化財「白地黒搔落龍文梅瓶(しろじくろかきおとしりゅうもんめいぴん)」は、中国・北宋時代の磁州窯のものであり、モノクローム作品の代表とも言える世界的に知られる逸品です。また、「五彩武人図有蓋壺(ごさいぶじんずゆうがいこ)」は、中国・明時代 景徳鎮窯で焼かれたものであり、精緻な彩色に特徴があります。

陶磁器で単色釉を意味するモノクローム。本展では、黒釉や掻落(かきおとし)技法を中心としたモノクローム作品と、五彩を中心とした色彩豊かな色絵作品の対照的な世界からそれぞれの魅力に触れることができそうです。

4月23日(土)からは新館で「メダリオンデザイン」と「総柄文様」の対照性に焦点を当てた、ペルシアの絨毯計22点の展示がスタート。20世紀初期のセムナーン ペルシア北部の総柄文様絨毯は、長さ3メートルを超える迫力ある作品のほか、文様世界の幅広さを体感できます。
※白地黒搔落龍文梅瓶
※五彩武人図有蓋壺
※セムナーン ペルシア北部の総柄文様絨毯

会期中には講演会やワークショップなど、来館者が自由に参加できる各種イベントも開催予定なので、ぜひ参加してみませんか。

設立者・鶴翁の「世界的価値のあるコレクションを私蔵するのではなく、ひとりでも多くの方の目に触れてほしい」という思いから生まれた白鶴美術館。登録有形文化財に登録されている建物も楽しむことができます。


◆開催概要

展覧会名:白鶴コレクション探訪
【本館】中国陶磁編 【新館】ペルシア絨毯編
期間:本館:2022年3月5日(土)~6月5日(日)
   新館:2022年4月23日(土)~6月5日(日)

休館日:毎週月曜日
    但し、3月21日(祝・月)は開館、3月22日(火)を休館

開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

入館料:大人:800円 大学・高校生:500円 中・小学生:250円
    (65歳以上は500円、大人・大学・高・中・小学生団体20名以上は2割引)
    ※3月5日(土)~4月22日(金)(新館休館のため、本館のみの入館料)
    大人:600円 大学・高校生:400円 中・小学生:200円
    (65歳以上は400円、大人・大学・高・中・小学生団体20名以上は2割引)

アクセス:神戸市東灘区住吉山手6-1-1
     ・阪急御影駅から北東約1km(徒歩約15分)
     ・無料駐車場あり(大型バスも可)
     ・阪神御影駅、JR住吉駅から市バス38系統渦森台行「白鶴美術館前」
白鶴美術館HP:
https://www.hakutsuru-museum.org/museum/


◆展覧会に伴うイベント
▼講演会「磁州窯のやきもの」
日時:5月5日(祝・木) 午後2時~3時30分
講師:今井 敦 氏(東京国立博物館博物館情報課課長)

▼文化財特別講座「工芸品を守り伝える-保存と公開とのはざま-」
日時:4月29日(祝・金) 午後2時~3時30分
講師:伊東 哲夫 氏(文化庁文化財第一課文化財調査官〈工芸品〉)

▼新館レクチャー「ペルシア絨毯の多様な文様について」
日時:4月23日(土) 午後2時~3時30分
講師:吉田 雄介 氏(せとうち観光専門職短期大学准教授)

▼ワークショップ「クルッと反転! 紙が要のミニ屏風」
日時: 5月1日、8日、15日、22日、29日の各日曜日 午後1時~3時
指導員:甲南大学ワークショップ指導員

▼ア-ト・ト-ク「宋の陶磁器、明の陶磁器」
日時:6月5日(日) 午後2時~3時30分
講師:当館学芸員

▼スライド解説「展示品の魅力」
日時: 3月6日・20日(日)、5月14日・28日(土) 午後2時~3時
講師:当館学芸員


▼外部リンク
白鶴美術館 2022 年春季展開催 ~陶磁器の名品(重要文化財「白地黒搔落龍文梅瓶」等)、絨毯を大公開!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000082.000013868.html
  この記事を書いた人
戦ヒス編集部 さん
戦国ヒストリーの編集部アカウントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連カテゴリー・タグ