北条義時の暗躍!『鎌倉幕府と執権北条氏の謎99』刊行。

戦ヒス編集部
 2021/11/09
株式会社イースト・プレス(東京都千代田区、代表:永田和泉)は、2021年11月10日に『鎌倉幕府と執権北条氏の謎99』(著:中丸 満/編:かみゆ歴史編集部)を刊行します。
https://www.eastpress.co.jp/goods/detail/9784781680767


■鎌倉時代2代目執権の北条義時
日本では平清盛が政権を掌握してから徳川慶喜による大政奉還までの約700年間、武家政権が続いた。武人による長期支配は東アジア全体を見ても珍しい。武家政権の誕生は、律令国家の成立と明治維新に並ぶ、日本史のターニングポイントといえる。

そんな鎌倉時代は現代においても注目を浴びている。
2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が三谷幸喜・脚本で制作が発表されたことは記憶にあたらしい。
一躍脚光を浴びることとなった北条義時とはどんな人物だったのか。

本書では源平の誕生から、鎌倉幕府の樹立を経て、承久の乱により武士が朝廷を超える権力を手にするまでを「武家の棟梁」の視点から記した。

激動の時代の中で源平の棟梁や北条氏、御家人たちは生き残りをかけて、どのように戦い、そして滅びていったのか。日本史に大きな影響を与えた武家政権成立の過程をQ&A形式で写真や図版とともに解説していく。
目次
1章 源平合戦をめぐる謎
2章 頼朝の幕府草創はなぜ成功したのか
3章 暗躍する北条義時
4章 承久の乱と後鳥羽上皇
5章 承久の乱後の鎌倉幕府

書籍情報
書名:鎌倉幕府と執権北条氏の謎99
著者:中丸 満(かみゆ歴史編集部・編)
発売日:2021年11月10日
発行:株式会社イースト・プレス
判型:新書判
頁数:192
価格:840円+税
ISBN:978-4-7816-8076-7
https://www.eastpress.co.jp/goods/detail/9784781680767

著者プロフィール
中丸 満(なかまる・みつる)
広島県出身。出版社、編集プロダクション勤務を経て著述業。日本の古代・中世史を中心に書籍や雑誌、ムック、パートワークなど幅広く執筆活動を行っている。著書に『平清盛のすべてがわかる本』(NHK出版)、『源平興亡三百年』(ソフトバンク新書)、『ここがすごい! 藤原氏』(洋泉社)、共著に『よくわかる平清盛の真実』(KKベストセラーズ)、『源平ものがたり』(学研)など。

  オリジナルサイトで読む


  この記事を書いた人
戦ヒス編集部 さん
戦国ヒストリーの編集部アカウントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連カテゴリー・タグ