都城島津伝承館夏季収蔵史料展「都城と都城島津家の歴史」を開催しています!

戦ヒス編集部
 2022/06/02
都城島津家に伝来した史料を通して、都城と都城島津家の歴史について紹介する史料展です。また、テーマ展示として「祭りと祈り」に関連する史料を展示し、都城の文化や都城島津家の信仰についても紹介しています。

◆ 展示内容 ~総論展示に始まり、ⅠからⅣまでのテーマに沿って紹介しています。

総論展示
【史料】練革錆色塗両引合南蛮胴具足(久統所用)、浄性院像(レプリカ)など
※練革錆色塗両引合南蛮胴具足:全期間展示


Ⅰ 中世の都城と島津氏
【史料】足利尊氏御教書(本田文書)、庄内之乱絵図(写)など
※足利尊氏御教書:全期間展示


Ⅱ 鹿児島藩と都城
【史料】島津久茂像、武家諸法度(写)など
※島津久茂像:前期展示


Ⅲ 明治維新と都城
【史料】​戊辰の役実録、亜墨理格洲合省国志略など
※戊辰の役実録:全期間展示


Ⅳ 都城島津伝承館収蔵史料にみる「祭りと祈り」
【史料】安永諏訪神事方旧例覚、河童ノ手足など
※安永諏訪神事方旧例覚:後期展示

◆ 担当学芸員のおすすめポイント!!
鎌倉時代から明治時代にかけて、都城島津家がどのような活躍をしたかが分かる展示です。
古文書や絵図、調度品など多様な史料を見ることができるほか、後期展示では子どもたちにも人気の「河童ノ手足」も登場しますよ♪
皆さんのお越しを、ぜひお待ちしております!


◆ 史料展概要

・展示会期
*期間中、一部展示替えを行いますので、前期・後期に日程を分けて開催します。
前期展示:令和4年5月21日(土)~6月26日(日)
後期展示:令和4年6月28日(火)~7月18日(月)
※月曜日は休館(月曜日が祝日の場合はその翌日)

・展示会場
都城島津伝承館(所在地:宮崎県都城市早鈴町18街区5号)

・開館時間
9時~17時 ※入館は16時30分まで

・入館料
一般220円(160円)、大学生・高校生160円(110円)、中学生・小学生110円(50円)
※( )内は20人以上の団体料金。また、都城島津邸本宅は別途、小学生以上110円が必要

詳しくは、都城市のホームページにも掲載しています。
https://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/site/shimazu/44383.html

  オリジナルサイトで読む


  この記事を書いた人
戦ヒス編集部 さん
戦国ヒストリーの編集部アカウントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連カテゴリー・タグ