2022年度に新たに必須となった「歴史総合」「地理総合」など高校の5科目を題材にした、大人のための教科書「新しい高校教科書に学ぶ大人の教養」シリーズが発売!

戦ヒス編集部
 2022/07/12
株式会社秀和システム(東京都・代表取締役会長兼社長 上田智一)は、新シリーズ「新しい高校教科書に学ぶ大人の教養」を発刊します。
予備校講師が、教科書に沿って、多数の図版やイラストを使いながら、ていねいに解説します。楽しいコラムも多数収録! 隅から隅まで楽しく学習できます。

22年度から高校教科書が変わりました。新学習指導要領の全面実施に伴い、教科・科目が再編され、テーマを深く掘り下げる「探求」や、学びと生活との結びつきを重視するものが目立っています。従来からある国語、数学、理科、英語のほか、「地理総合」「歴史総合」「公共」「情報Ⅰ」「理数探求基礎」などが必修化されました。

本シリーズは、この新たな5教科を題材にした、予備校講師がガチで教える、大人のための教科書です!

既刊───

■書籍概要
書名 新しい高校教科書に学ぶ大人の教養 歴史総合
著者 結城将行、東根伸幸
定価 1650円(税込)
発売日 2022年7月1日

世界と日本がまるごとつかめる!いまどきの高校生は知っている学びなおしの近現代史!

「イスラム教」って書くのは間違い!?
時代劇の○○藩という台詞は間違い!?
ルイ16世は無能ではなく有能だった!?
タリバンの生みの親はイギリス人だった!?

いまどきの高校教科書から歴史を学びたい大人、学校でどう教えたらよいかヒントが欲しい先生にオススメです!

■目次
年表
第1章 結びつく世界と日本の開国
第2章 国民国家と明治維新
第3章 総力戦と大衆運動
第4章 経済危機と第二次世界大戦
第5章 冷戦と世界経済
第6章 世界秩序の変容と日本
■著者
【結城将行(ゆうき・まさゆき)】
大学受験日本史講師。大学卒業後、中小の大学受験予備校を経て、数年後に某大手予備校へ移籍。2002年より衛星放送授業を担当。当時はネット配信などが気軽にできない時代であり、衛星中継授業はものすごく緊張したことを覚えている。

2014年、某大手予備校の事実上の経営破たんにより、地方の私学高校教師へ転身。学級担任や部活顧問などにも励み、受験生の気持ちをより深く知り、講師として深みを得る貴重な経験もした。高校教員としては、予備校トップ講師の授業を行うことで、他教師に大きな影響を与えるとともに、不登校の生徒を学校に復帰させたり問題児になぜか信頼されるなど、特殊な能力もあった。

離職・帰京後は、高校の非常勤・派遣講師だけでなく、塾・予備校にも復帰し、活動の幅を広げる。映像授業として「ブロードバンド予備校」で日本史の通史授業を受講可能。趣味はゴルフ・町中華探検・小旅行など。本書は信頼する世界史講師の東根先生にお声掛けして成立した初のコンビ共著。

【東根伸幸(ひがしね・のぶゆき)】
1983年鎌倉生まれ。大学卒業後、株式会社臨海での会社員生活を経て、フリーランスの予備校講師へ。四谷学院や佐鳴予備校、学びエイドを中心に出講。膨大な知識が必要とされる世界史だが、受験で問われる内容を厳選したうえで、因果関係を明確にして暗記に頼らず根本的な理解を促す独自の講義手法は、生徒から絶大な支持を集めている。

毎年多くの生徒を志望校に合格させ、その合格率は他の追随を許さない。プロレスと犬、とりわけコーギーをこよなく愛している。
シリーズの今後の予定等───
『新しい高校教科書に学ぶ大人の教養 歴史総合』(2022年7月刊行)
『新しい高校教科書に学ぶ大人の教養 地理総合』(2022年8月刊行予定)
『新しい高校教科書に学ぶ大人の教養 情報I』(2022年秋刊行予定)
『新しい高校教科書に学ぶ大人の教養 理数探求基礎』(2022年冬刊行予定)
『新しい高校教科書に学ぶ大人の教養 公共』(2022年冬刊行予定)

  オリジナルサイトで読む


  この記事を書いた人
戦ヒス編集部 さん
戦国ヒストリーの編集部アカウントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連カテゴリー・タグ