丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「足利義材(義稙)」室町幕府10代将軍。流れ公方と称されたワケとは?

足利義稙の肖像画
足利義材(よしき)は室町幕府将軍に2度就任するという異質の経歴の持ち主である。彼の生涯は「義材→義尹(よしただ)→義稙(よしたね)」と、2度にわたって改名し、混迷を極める政治と出口の見えない合戦に翻弄される苛烈なものであった。

父が将軍争いに敗北

足利義材は、文正元年(1466年)7月30日、足利義視の嫡男として誕生した。

父義視は室町幕府8代将軍・足利義政の実弟である。義材の誕生以前、将軍義政と妻の日野富子に実子が無かったことから、父義視が将軍職を継承するものと考えられていた。しかし、義政と富子の間に子(のちの足利義尚)が誕生したことで状況は一変。義政と並び、大きな影響力を持つ富子が義尚の将軍職継承を強く望んだため、周辺の豪族たちを巻き込んで強く義視と対立することに…。
この将軍職争いをきっかけに、各地で抱えていた問題が一気に表面化し、応仁元年(1467年)応仁の乱が勃発となった。

義材は当初、父義視と共に細川勝元率いる東軍に属すことになるが、情勢が不利と判断してのちに西軍へと身を投じた。 しかしこの大乱は実質的に東軍の勝利に終わり、将軍職は当時まだ9歳であった義尚が就任となった。こうして義材は、政争に敗れた父と共に、美濃の土岐成頼の元へ身を寄せることになった。

10代将軍に就任

将軍家と父義視との間で和睦が成立したことで、長享元年(1487年)正月に、義材は義尚の猶子として美濃在国のまま従五位下・左馬頭の地位を得て元服。ところが長享3年(1489年)には、将軍義尚が六角高頼の討伐を目的として出陣していた近江鈎において死去したため、急遽、美濃に滞在していた義材に白羽の矢が立てられることになる。

当時は応仁の乱が終息してまもなくだったということもあり、義材の将軍職継承には異論も少なくなかった。しかし、義政と富子からの協力を取りつけたことで義材の将軍就任が確定となった。とはいえ、当初は細川家などを中心に反発が根強く残っていたため、しばらくは義政を中心に実務が行われていたようである。しかし 翌延徳2年(1490年)には義政までもが急死。これにより、義材が正式に室町幕府第10代征夷大将軍に就任することになったのである。

まさかの政変!政治基盤を失い将軍職も廃嫡へ

将軍となった義材は当初、父である義視と共に将軍職の職責を果たしていたようである。しかし、その義視も延徳3年(1491年)に死去。政治的な後ろ盾を失ったことに不安を感じたのか、義材は前管領職にあった畠山政長と結んで政治基盤の強化を図っている。

ところが、この動きは義材を将軍職へと推挙した富子とかねて義材の将軍職就任に反対していた細川氏からの強い反発を買うことになる。この混乱の終息を目指したのか、義材は義尚が志半ばで倒れたことで中断となっていた六角氏の討伐を再開する。この戦では義材も自ら出陣し、六角高頼の追放に成功している。

さらに明応2年(1493年)の2月には、畠山政長と対立していた畠山義豊の討伐にも乗り出している。しかしこの出陣は富子や細川氏との軋轢を決定的なものとしてしまう。同4月に細川政元、日野富子、伊勢貞宗、赤松政則らは将軍廃嫡を目的に、京都の義材一派を急襲。更に義豊討伐に出陣中であった義材と政長に兵を差し向け襲撃している。この襲撃によって背後を突かれた政長が戦死し、京都へと連れ戻された義材は龍安寺へと幽閉されることになった。この一連のクーデターが ”明応の政変” と呼ばれるものである。

再び将軍に返り咲く!

竜安寺に幽閉された義材は小豆島へと流されることになった。それを知った義材はすかさず越中へと脱出。そこで新たに越中公方という政権を樹立して幕府と対立している。

明応7年(1498年)、幕府との和睦が進展したこともあり、越前国の朝倉貞景の元へと身を寄せた。なお、この年に義尹と改名。
しかしそれ以上に和睦交渉が進展しなかったことから、義尹は朝倉氏の力を頼りに挙兵。一時は寺社勢力の助力もあったことから、近江国にまで兵を進めることに成功するが、ここで六角高頼や細川軍との交戦に及び敗北。その後、逃亡先の河内国でも敗れ、最終的に周防国の大内義興を頼って落ち延びることになった。

やがて、永正4年(1507年)に細川政元がお家騒動により暗殺されたことで細川家は大混乱となる。これにより、政元の養子・細川澄元細川高国による家督争いが勃発すると、これに乗じて大内義興に擁立された義尹は永正5年(1508年)に京都へと帰還。細川高国とも手を結んで再び将軍職の座に就任している。 以後、中央政権は基本的に義尹・高国・大内義興らが掌握するが、澄元派との政権争いがしばらく続くことになる。

高国と不和に。失意の最期。

再び将軍の座に就いたとはいえ、高国の政治力と義興の軍事力に支えられていた義尹は、思うような活動ができなかったようだ。義材の意向を無視するかのような決定がたびたび下されることも多くなり、次第に高国や義興との関係は険悪なものとなっていったとみられる。
実際、永正10年(1513年)3月には、高国らとの対立によって一時京都を出奔して近江に逃れている。このときに義稙に改名しており、その後まもなくして和解、京へと戻っている。

永正15年(1518年)、義興が領国の混乱から周防へ帰還すると、反撃の機会をうかがっていた澄元が翌年に挙兵。これをきっかけに永正17年(1520年)には高国と義稙の関係悪化が決定的となる。それは反撃を受けた高国が一時的に近江坂本へ逃れようとしたとき、義稙はともに逃亡することを拒否して、澄元支持を表明したからである。

しかし、まもなく高国軍が再挙して等持院の戦いで勝利したため、澄元派の政権奪取はあっという間に終わった。 この一件で高国からの不信を買った義稙は翌大永元年(1521年)3月に堺に出奔することになった。 その後は再び挙兵して細川澄賢や畠山義英と共に京へと攻めあがるも敗北。 最終的には阿波国へと下り、澄元の子である晴元に助力を依頼するがかなわず、失意の中で大永3年(1523年)5月23日に没した。





おすすめの記事

 PAGE TOP