丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「足利義輝」幕府再興に尽力した剣豪将軍。その壮絶な最期とは!?

足利義輝の肖像画
戦国時代、衰退した室町幕府に一人の傑物が現れた。それが13代将軍足利義輝である。彼は戦国時代の複雑な外交関係をうまく利用して、室町幕府の復権を進めていったのだが、その先にあるものとは。

少年将軍誕生

足利義輝は天文5年(1536年)、第12代将軍足利義晴の長男として京都に産まれた。

室町幕府の権威は明応の政変を経て完全に失墜しており、かつての政敵・細川晴元による政権が誕生していたが、この頃はすでに父義晴と晴元との間で和睦が成立して協力体制となっており、一時的に政権が安定した時期であった。しかし、そもそも細川政権内部はかねてから抗争が絶えなかったのもあり、木沢長政による謀反や、亡き細川高国の養子・細川氏綱の挙兵など、政権をとりまく情勢が不安定となる。

こうした中、天文15年(1546年)に氏綱らの攻撃によって晴元政権が苦境に立たされると、父義晴は氏綱側の支持に回ったが、やがて晴元と三好長慶の巻き返しに遭って近江に逃れるハメとなった。
このとき11歳に成長していた義輝は元服し、父から将軍職を譲られている。これは義晴が自分が生きているうちに義輝を将軍にさせて、阿波に拠っていた足利家の分家平島公方の介入を防ぐためであった。なお、このとき義輝は京から近江に追い出されていたことから、烏帽子親は管領の細川晴元ではなく、近江国守護である六角定頼が執り行っていた。

天文17年(1548年)、義晴が晴元と和解して京に戻った時に、義輝の将軍就任を晴元から追認されている。

三好家との激闘

しかし、晴元の重臣である三好長慶が、突如として敵対勢力の細川氏綱側に寝返る。天文18年(1549年)6月の江口の戦いで長慶・氏綱に敗れて晴元政権はここに崩壊し、義晴・義輝父子と晴元の3人は京から近江へと逃れた。以後、義輝らは近江朽木谷を拠点として長慶と戦闘を繰り広げることになる。

天文19年(1550年)には父義晴が没した。同年義輝は中尾城の戦いで長慶と交戦するも、危機的状況に陥ったことから城を棄てて逃れている。その後は長慶を暗殺しようとすることもあったが、天文21年(1552年)には細川氏綱を管領にするという条件で和睦が成立し、京に戻ることとなった。ただし、事実上長慶の傀儡だったこともあり、天文22年(1553年)に晴元と再び手を組んで蜂起したものの、ここでも長慶に敗退して近江朽木に逃げることになった。

この後、5年間近江朽木で過ごして京都奪回をもくろんでいたが、永禄元年(1558年)北白川の戦いで再び挙兵。戦いは膠着状態に陥ったことで六角義賢の仲介によって三好長慶と和解。以後も晴元は三好氏と対立行動をとるが、義輝は三好と協調関係を築いていく。

幕府復権を目指して

義輝が帰京後、真っ先に行ったことは三好長慶の御相伴衆に加え、さらに修理大夫の任官を推挙したことである。これは一見すると長慶の傀儡となったとみるべきだが逆に三好家を幕府の権力内に取りこんでしまおうとする策であった。長慶もこの危険性には気づいており、自らは足利幕府と距離を置き、代わりに長男の義興と義輝の関係を強めさせるという方針に転換した。

こうして、親政を邪魔する外部の人間を排除した義輝は全国の大名たちに対して修好や懐柔を行っている。例えば天文の乱で戦っていた伊達稙宗・晴宗親子、川中島の戦いでたびたび争っていた武田信玄上杉謙信、さらに九州の大名の大友義鎮に筑前・豊前の守護職に任命するなどを施策を次々に行っている。これは戦国時代における複雑な外交関係に介入を積極的に行うことにより室町幕府を戦争の調停者としての地位を復活させ、幕府を復権させようという試みであった。さらには幕政を握っていた伊勢貞孝を政所執事の座から追い落とし、幕府将軍による政所の掌握できる体制を整えた。

1564年には長慶が死亡。前後して三好氏の一族の重鎮も相次いで死亡しており、足利幕府の復権はさらに進むかに思われた。

非業の襲撃、そして死

しかし、そのような足利幕府の復権を是としない人間たちがいた。三好家の重臣である三好三人衆である。 1565年5月19日、三好三人衆と松永久秀の子である松永久通は清水寺参詣を理由に1万以上の兵を京都に集結させ、義輝の居城である二条城に攻撃を仕掛けた。この事件を永禄の変という。この時の義輝の戦いぶりはすさまじく、一説では秘蔵の刀を畳に突き刺して刃こぼれするたびに新しい刀に取り換えて戦ったといわれている。このあまりの強さに三好軍は畳を盾替わりに四方から義輝を取り囲み殺害したといわれている。この時義輝30歳。衰えた室町幕府の復権を目指した若き将軍は道半ばにして凶刃の下に斃れたのである。 なお、彼の武勇は同時代の人間も感銘を受けておりルイス・フロイスや太田牛一も永禄の変の時の義輝の戦いぶりをそれぞれの著書に義輝の奮戦を詳細に記している。

剣術の達人の実像

後年、義輝は剣豪将軍としてゲームや小説、マンガなどですさまじい武勇を発揮するキャラとして活躍している。実際に当時有名な剣豪であった塚原卜伝に剣術の教えを受けたと言われており、実際に永禄の変では刀をもって奮戦したという記述が同時代に生きた人間によって記録されている。さらには卜伝の奥義である一の太刀を伝授されたと言われており、ルイス・フロイスからも武勇に優れた人だったと著書に書いている。

ただし、彼の剣技については永禄の変の時しか発揮されておらず、卜伝が実際に奥義を義輝に授けたという記録もない。 実際は義輝は戦国大名の外交関係に介入することで室町幕府の復権を目指しており、武勇よりも外交能力に優れていた。義輝の最後の奮戦ぶりが義輝の評価を剣術に優れた将軍として人々に語られるきっかけとなったのである。





おすすめの記事

 PAGE TOP