丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「足利義昭」将軍権力にこだわり、執拗に信長と対立した幕府最後の将軍。

足利義昭の肖像画
15代将軍足利義昭は、室町幕府最後の将軍で下剋上真っ盛りの戦国時代に生きた人物である。将軍家を中心とした秩序が音を立てて崩れる中、時代の流れに逆らいながらも、最終的に信長との対立に敗れて事実上の幕府滅亡を受け入れるしかなかった彼の生涯を紹介しよう。

仏門に入るも、大政変に巻き込まれる

天文6年(1537年)、足利義昭(幼名・千歳丸)は生を受けた。父は第12代室町幕府将軍・足利義晴、母は慶寿院、兄は第13代将軍となる足利義輝であり、弟には周こうがいた。

将軍家では争いを避けるため、家督相続対象以外の人物は仏門に入るのが慣例になっていた。千歳丸も興福寺の塔頭の一つであった一乗院に出家し、「覚慶」の法名を与えられる。出家後は、持ち前の器量を生かして興福寺の僧綱に出世、僧尼を管理する重要な位に就いていた。

高僧として生涯を終える平穏な人生かと思われたが、永禄8年(1565年)5月に運命が一変する。のちに永禄の変と呼ばれる政変が勃発し、松永久通や三好三人衆らが兄の将軍義輝と母慶寿院、弟周こう(鹿苑院院主)を暗殺、覚慶も監視の身となってしまうのである。

室町幕府再興への道のり

だが、まもなくして義輝の側近であった一色藤長や和田惟政、仁木義政らが、覚慶の脱出作戦を計画。政変から約2ヶ月以上を経た同年7月に計画を実行に移した。

覚慶らは木更津川を逆上り、伊賀国へ落ち延びると近江国の守護代であった六角義賢に保護を要請、その許可のもとに和田城(和田惟政の居城)に身を寄せた。この時、覚慶は足利将軍家の当主となることを決意したという。将軍家に欠かせない御所は、六角家の許可のもとで和田城からほど近い野洲郡矢島村にあてがわれ、矢島御所と称した。
永禄9年(1566年)2月17日、覚慶は矢島御所にて還俗し「義秋(後に改名)」を名乗る。

将軍宣下レースの始まり

将軍となる場合、上洛し将軍宣下を受けなければらない。これは天皇によって征夷大将軍を拝命する儀式のことである。しかし当時の京の都は、政変を主導した三好三人衆の勢力下にあったため、軍勢がなければ不可能であった。そこで義秋は、政略に打って出ることにした。

まず室町幕府で三管についていた畠山高政(河内国)、上杉輝虎(関東管領、のちの上杉謙信)、畠山義綱(能登国守護代)らと連携を狙い、さらに事実上の後援者であった六角義賢にも働きかけ、浅井長政織田信長の仲介を実現させ、お市の方が長政に嫁ぐことになった。

この他にも信長と対立していた斎藤龍興にも働きかけるなど、講和を通じて戦国大名に恩を売りながら上洛のための軍勢を確保する狙いであったようだ。努力が報われたのであろうか、信長から六角家の勢力範囲を通過しての上洛計画が伝えられる。

一方、政変の当事者であった三好三人衆と松永久秀は、義輝暗殺後に対立。三人衆は第11代将軍・足利義澄の次男であった義冬の擁立を目指すが、持病の痛風が問題となったため、その長男・足利義栄を第14代将軍に擁立、摂津国を拠点とした。また3000騎で矢島御所を急襲するなど実力行使もしたが、義秋の親衛隊(奉行衆)によって頑強に抵抗され撤退する他なかった。

義秋と三人衆が擁立する義栄のいずれもが、先に将軍宣下を受けようと躍起になっていたのである。まさに将軍宣下レースであった。

上洛への期待と失望

永禄9年(1566年)、義秋が待ちかねた使者が訪れた。信長が上洛のための軍勢を率いて尾張国を出発したというのである。

喜び勇む義秋であったが、さらなる情報に触れて大いに落胆することに…。

上洛を目指す信長軍を斎藤龍興の軍勢が急襲、信長は撤退して上洛作戦は中止に。さらには、近江国の守護代で義秋の後援者でもあった六角義賢が三好三人衆と内通したという情報も入ってきたのである。これは信長を襲った龍興も三人衆と内通したと考えられている。

義秋はやむなく娘婿であった若狭国守護の武田義統を頼るが、国内情勢が不安定であったため上洛などおぼつかない。そこで今度は朝倉義景を頼って越前に移り、上洛支援を訴えることになるが、芳しい結果は得られなかった。上杉輝虎にも上洛の支援を求めるものの武田信玄との戦いなどから期待に応えようもない。唯一明るい材料があるとしたら実務を担う幕府重臣や奉行衆が多く帰参したことぐらいであった。

一方の義栄は、調停や京都在住の幕臣への積極的な働きかけを通じて、永禄11年(1568年)2月には将軍宣下を受けることになる。一度も上洛したことのない征夷大将軍の誕生であった。これが第14代将軍・足利義栄である。

義昭の逆襲

自らの手で室町幕府再興を望む義秋にとって、将軍義栄の誕生の知らせは焦燥感にかられたことであろう。しかしこの後まもなく義秋の逆襲がはじまる。

将軍義栄誕生から約2ヶ月後の4月15日、「秋」は不吉であるという幕臣らからの提案を受けて「義昭」と改名。続いて朝倉義景の配下であった明智光秀が帰参し、その仲介によって信長の拠点である尾張国へ移ることになる。

当時の信長は美濃国を平定したのだが、武田信玄と領土を接していたため、紛争が絶えなかった。信長は、武田勝頼に遠山夫人を娶らせ同盟して友好関係を深めた他、同時に義昭の仲介により、武田家と上杉家を和睦させている。

後方の愁いがなくなった信長は、義昭を擁立し本格的な上洛に打って出る。道中で抵抗する六角軍を敗北させ、居城である観音寺城を落とした勢いに乗って、次々と三人衆の勢力を敗北させた。また三人衆と対立していた松永久秀らが臣従を誓い、抵抗していた池田勝正も降伏、圧倒的な軍勢をもっての上洛を実現した。

同年10月18日、義昭に将軍宣下された。我々が知る第15代将軍足利義昭の誕生である。また同年9月30日には病に伏していた義栄が死去している。将軍に就任の最初に行なったのが、義栄に便宜を図った近衛前久の追放である。さらに烏丸中御門第に将軍邸を築くよう信長に命じ、2重の水濠と高石垣を備えた城郭が姿を表した。事実上の室町幕府の復興を見たかつての幕臣らが参勤しており、この時が義昭の絶頂期と言って差し支えないだろう。

信長との対立と包囲網

義昭が目指したのは、室町幕府を中心とした政治体制であるが、信長が目指したのは武力による天下統一であった。この違いが両者の溝を広げ、抜き差しならない状態に追いやることになる。

端的な認識の違いは、永禄12年(1569年)8月の北畠氏(伊勢国)を攻めたときに現れた。このとき信長は、畠山氏の居城大河内城を包囲するものの頑強に抵抗されたため、義昭に要請して和睦を実現。しかし信長は信雄を北畠の養子に強制するなど、義昭の意向に反する方針をとっており、必要に応じて将軍家の権威を活用し、同年の10月には義昭と衝突して突如帰国。これが両者の初ゲンカである。

以後、信長の勢力が日増しに強まる中、義昭は上杉輝虎や毛利輝元、武田信玄、大坂の石山本願寺の顕如など他、信長と対立する大名らに私的な文書の形をとった御内書を下し始める。これが信長包囲網の始まりである。

上洛から4年後の元亀3年(1572年)、信長は義昭の言動を批判する17条の異見書を送りつけたことで対立が決定的となった。東からは反信長派の筆頭となった武田信玄が軍事行動を開始していたのもあり、義昭は信長からの和睦提案にも応じずに挙兵。今堅田城と石山城に軍勢を入れて反信長の旗を大きく掲げるのであった。

信長包囲網崩壊と京都追放

元亀4年(1573年)4月、信玄が病死した後の信長に迷いはなかった。京に取って返すと将軍邸を囲み幕臣らが住む地域を焦土にするなど威嚇。義昭は朝廷が仲介しての講和後も、要害であった槇島城を頼りに再び挙兵したものの、同年7月にあえなく降伏している。義昭は息子・義尋を後継者にすることを信長と約束した上で京から追放となり、枇杷荘や河内若江城、堺などを転々とし輝元配下の備後国の鞆に移った。

本能寺の変後は、輝元などに上洛支援を要請するものの実現せず、信長の後継者・豊臣秀吉の台頭を目撃することになる。秀吉からは、1万石の領地を与えられ、輝元と並んで御伽衆に加えられた。慶長2年(1597年)8月に大坂で崩御、享年61歳のことであった。

時代に抗うも抗しきれなかったラストジェネラルの人生は、激変の時代を体現するものであった。





おすすめの記事

 PAGE TOP