丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「教興寺の戦い」三好氏と畠山氏による新旧勢力の一大決戦。
──永禄5年(1562年)

織田信長が台頭して上洛する以前、畿内の政治情勢は混迷を極めていた。それは諸勢力が個別の利益を最優先して動き、離合集散しては小競り合いを繰り返したためだ。
"敵の敵は味方"、”昨日の味方は今日の敵” を地でいく戦いが延々と続き、主役の定まらない群像劇がひたすら繰り返された畿内の合戦の中でも、「教興寺の戦い」はかなり異質である。それは崩壊寸前の室町幕府体制に依拠する旧勢力代表の畠山氏と、下剋上で成り上がった新興勢力の三好氏が、互いに勢力を束ねて一堂に会した一大決戦だったからである。

合戦マップ

時期永禄5年(1562年)5月19-20日
勢力三好長慶 vs 畠山高政
場所河内国高安郡教興寺(現在の大阪府八尾市教興寺)

合戦の背景

室町幕府体制では、畠山氏は細川氏と並んで管領を務めた名門である。しかし、戦国時代に入ってすぐに両家の明暗はくっきりと分かれた。

畠山氏はお家騒動で応仁の乱のきっかけを作り、分裂や内部抗争を繰り返して衰退していく中、一方の細川家はクーデターによって細川政権を誕生させ、長らく幕府の実権を握った。しかし、その細川家も後継者争いによって内紛が続いて没落の一途をたどり、やがて細川家の被官であった三好氏の三好長慶の下剋上を許し、当時の管領・細川晴元と13代将軍足利義輝は京を奪われることになる。

三好政権の誕生後、河内守護の畠山高政は、晴元らの抵抗が続く中でも親三好の立場をとっていたが、永禄3年(1560年)には長慶と対立して河内の支配権を失い、紀伊国に本拠を移すことに…。
こうした中、翌永禄4年(1561年)に晴元と長慶が和睦。しかし、まもなく晴元が幽閉されたため、晴元と姻戚関係にあった南近江の六角義賢が激怒し、高政に共同戦線を持ちかけて「畠山氏・六角氏 対 三好政権」の構図が出来上がった。

畠山・六角連合の攻撃で、長慶が窮地に。

同年7月、畠山・六角連合が挙兵し、南北から京を攻撃するという作戦にでた。同11月には六角軍が将軍地蔵山の戦いで優位にたち、翌永禄5年(1562年)3月には畠山軍が久米田の戦い三好実休を討ちとるなど、激闘を制した畠山・六角連合の勝利となる。

これにより、六角軍は洛中に入り、畠山軍もかつての本拠である高屋城を手に入れることに成功した。さらに反三好派の大和の諸将らも続々と参陣したため、畠山軍は勢いのままに三好方の諸城を次々と攻略していった。そして同4月にはついに長慶の居城・飯盛山城を包囲するまでに至る。ただし、このころの六角軍は京都で停滞していたようであり、畠山高政から督促を受けている。

合戦の経過・結果

窮地に陥っていた長慶だが、5月14日には讃岐・阿波・淡路の軍勢を結集させて飯盛山城救援に向かわせている。 対する畠山軍は翌15日に迎撃に向けて飯盛山城の包囲を解いて後退。一方で16日には長慶軍と援軍が無事に合流。そして17日には教興寺畷付近で両軍が対陣となった。

この戦いに結集した兵力は、三好方が6万余、畠山方が4万余とされ、三好方が優勢であった。両陣営の主な参戦武将は以下のとおりである。

  • 畠山陣営:畠山高政、湯川直光、遊佐高清、土橋種興、津田算正、保田知宗、玉置直和、筒井順政、島左近など…

  • 三好陣営三好義興安宅冬康、十河一存、三好長逸、三好政康、三好康長、松永久秀、池田長正、伊丹親興、篠原長房など…

畠山軍は遊佐氏などの譜代のほか、雑賀衆や根来衆の他、河内・大和・和泉・紀伊の国衆などが参陣。高政を名目的な総大将として指揮権は個々の勢力が握っていた。
それに比べて三好軍は、一門衆をはじめ、主に摂津・讃岐・阿波・丹波・山城・播磨の国衆らが参加。長慶の嫡男である三好義興ら三好一門が各国の国衆らを束ねるなど、指揮系統が整っていた。下剋上でのし上がった戦国大名は一元的支配権を特徴とするから、指揮系統の違いにも両者の差異が見て取れるだろう。

ついに開戦!1日で決着。

河内の教興寺村周辺を埋め尽くした総勢10万の両軍は、5月19日の早朝より前線の衝突が始まった。この日は、にわか雨だったといい、三好方は雑賀衆・根来衆の鉄砲に対処するため、雨を待っていたという。

戦いは三好方が先に攻撃を仕掛けて畠山方が迎撃するといった展開が続き、昼過ぎから総力戦となったようだ。畠山方は湯川衆が総崩れ、続いて雑賀衆や大和衆も敗走するなど多くの損害を出すと、夕方には三好方の大攻勢が開始され、翌20日までに畠山方の総崩れによって決着がつき、高政はその勢力を一挙に失って紀伊へと後退した。

戦後

三好軍はそのまま追撃して大和国へも侵入し、畠山氏の勢力を攻撃しつづけた。畠山方の敗北を知った六角軍も京から撤退し、同6月2日には三好長慶と講和してその軍門に降っている。
こうして再び幾内の支配者となった三好氏は、しばらくは幾内最大勢力として君臨する。しかし、松永久秀らの台頭や長慶の死によって家中の内紛が勃発すると、没落していくことになる。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP