丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「三好義継」三好三人衆の傀儡となった三好氏最後の当主

三好義継の肖像画
三好氏本家の事実上最後の当主となった三好義継。彼は若くして当主になるも、三好三人衆や松永久秀の傀儡であったが、最期は果敢な姿もみせている。

三好三人衆らの傀儡の当主か?

天文18年(1549年)三好長慶の実弟・十河一存の子として生まれ、十河重存(そごう しげまさ)と名乗った。
この年、中央では叔父にあたる長慶が主君の細川晴元、およびその家臣で同族の三好政長らを倒しており、翌年には三好政権を誕生させていた。

永禄4年(1561年)に父・十河一存が死去、続いて永禄6年(1563年)に長慶の嫡子・三好義興が病没したため、長慶の養子として迎えられて三好姓に改めることとなる。

長慶の死の直前の永禄7年(1564年)には、三好長逸や松永久通ら家臣を従えて上洛し、将軍義輝に謁見して家督相続の許可を得たが、まもなくして長慶が死去する。その後、義継は三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)の支持を受けて正式に三好家の家督継承者となった。
しかし、義継はまだ子供であったため、三好家の実権は重臣の松永久秀や三好三人衆が掌握することとなるのだ。

13代将軍義輝が暗殺される

長慶が樹立した三好政権は将軍義輝と和睦した後、形式上は室町幕府の臣下であったものの、実権は三好氏が握っていた。しかし、三好氏は長慶も死去して弱体化する一方であったのに対し、将軍義輝は大名同士の抗争の調停を行なうなど、幕府権威の回復を図る活動を着々と進めていた。
こうした中で大事件が起こる。

永禄8年(1565年)には13代将軍義輝が突如、三好軍から襲撃を受けて暗殺されるという大事件が勃発したのである(永禄の変)。

この事件の主導者は松永久秀という見解があるが、久秀はこのとき大和国にいたことから直接関与はしていない。一方、義継は事件前夜に1万近くの軍勢を引き連れて上洛しており、この軍勢には三好三人衆や松永久通らであったことから、義継が主導者の一人という見解もある。

ちなみにこの暗殺事件の少し前に、義輝から「義」の字を賜って"義重"と改名し、事件後には義重から"義継"へと改名している。

結託と反目を繰り返す

やがて、三人衆と松永久秀が仲互いすると、義継は三人衆に擁立されて久秀と戦うこととなる。しかし、将軍候補に足利義栄を尊重した三人衆らが義継をないがしろにしたため、永禄10年(1567年)に三人衆のもとを離れ、今度は松永久秀と手を結んで三人衆と対立するようになっていった。

こうした中、永禄11年(1568年)織田信長足利義昭を奉じて上洛してくると、義継は久秀とともにこれに従属し、信長から河内北半国と若江城の領有を安堵された。翌永禄12年(1569年)年には信長と戦って京に逃れていた三好三人衆が15代将軍義昭の仮御所を包囲した(本圀寺の変)。
このとき義継は、将軍義昭や明智光秀らの救援に駆けつけ、同年に信長の仲介によって将軍義昭の妹を娶っている。また、野田城・福島城の戦い(1570年)にも信長の家臣として参戦している。

こうして三好三人衆をはじめとする畿内の反信長勢力と戦ったが、のちに信長と義昭が対立するようになると、久秀とともに信長から離反して信長包囲網の一角に加わることになる。

壮絶な最期

元亀4年(1573年)にはついに義昭自らが挙兵し、信長に抵抗したが(槇島城の戦い)、最終的に信長に敗れて追放となり、ここに室町幕府は事実上滅亡となったのである。

その後、義継は若江において追放された義昭を庇護したことで信長の怒りを買い、織田軍に攻め滅ぼされた。(若江城の戦い

このとき追い詰められた義継は、妻子を刺殺して城外へ討って出て多くの敵を倒した末、最期には自分の腹を十文字に切り裂いて自害したという(『信長公記』)。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP