丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「観音寺城の戦い」信長上洛の途で六角氏が通せんぼ!?
──永禄11年9月(1568年)

観音寺城跡(繖山観音山画図)
観音寺城跡(繖山観音山画図)
織田信長が15代将軍・足利義昭を擁立して上洛に向けて出陣。近江の六角氏が上洛に協力しなかったことで起きたこの戦いだが、六角氏は成すすべなく、信長の大軍に一蹴されている。

合戦マップ

時期永禄11年(1568年)9月12日
勢力織田信長 × 六角承禎
場所近江国・観音寺城一帯(現在の滋賀県近江八幡市安土町)

観音寺城の戦い、および信長上洛ルートマップ


合戦の背景

そもそも信長の上洛のきっかけは、永禄8年(1565年)の5月19日に13代将軍・足利義輝が三好三人衆に討ち取られるという大事件から始まっていた(永禄の変)。というのも、義昭は将軍義輝の弟であり、この大事件の時は奈良の興福寺に幽閉されたが、まもなく義輝の側近らに救われて脱出し、幕府の再興をめざしていたからである。

義昭は近江の六角氏、越後の上杉謙信、越前の朝倉義景など、周辺の諸大名らを頼って上洛を伺っていたものの、永禄11年(1568年)に入っても、なかなか実現せずにいた。特に朝倉義景や上杉謙信を頼りにしていたが、朝倉は一向に動かずじまい。上杉も家中の謀反などで上洛どころではなかった。
そうした中、前年に美濃を攻略し、天下布武を掲げた信長が義昭を擁立することになるのである。

同年7月13日に朝倉の元にいた義昭は、越前一乗谷を出発、途中で信長の義弟・浅井長政の居城・小谷城に立ち寄って接待を受け、25日に岐阜に到着。信長自身が美濃と近江の境目まで義昭を出迎えている。

合戦の経過・結果

信長は上洛の準備を整えると、8月5日に岐阜城を出発。同7日には浅井長政が近江で出迎え、信長らは佐和山城へ着陣した。 上洛の道は六角氏の所領を通る必要があったため、信長は観音寺城の六角義治に使者を派遣して手助けを求めた。だが、彼とその父・六角義賢はそれを拒絶。六角氏は京の三好三人衆と通じ、信長に従うことを嫌ったのである。

数日間かけて行なった説得に失敗した信長は、やむなく開戦を決意した。9月7日、ついに総勢5~6万と言われる大軍勢で出陣。 このときには盟友の徳川家康・浅井長政の軍勢も加わっていた。

信長勢を迎え討つ六角側は観音寺城と和田山城、箕作城とその他の支城にそれぞれ兵や官吏を配置。六角氏の狙いは和田山城を攻撃してきた織田軍を、観音寺と城箕作城の兵で挟み撃ちにすることだったと考えられている。しかし、愛知川を渡った織田軍はそこで3隊に分かれ、それぞれが観音寺城・和田山城・箕作城へ向かったため、六角氏の思惑は完全に外れることとなった。

木下秀吉・丹生長秀が率いる隊は2手に分かれて箕作城を攻撃開始。初めは地形や守りの堅さで撤退を余儀なくされた織田勢であったものの、木下軍が夜襲を決行。秀吉の策により暗闇の中突如攻め入られた六角勢は抵抗したものの、夜明け前に箕作城は落城した。 この時討ち取られた首は200以上と言われ、かなりの激戦だったと見られる。また、箕作落城の知らせを聞いた和田山城の兵は逃亡。これにより和田山城も落城し、六角側は2つの城を一気に失うことになった。

観音寺城の六角義治は2つの城が落とされたことに落胆して甲賀へ落ち延びる。観音寺城は無血開城、18あった支城も次々と織田に降伏し、この合戦は終結したのである。

戦後

六角氏の家老・蒲生賢秀はこの戦いの決着がついた後も、近江・蒲生の日野城で抵抗していた。だが、賢秀の妹婿である織田家臣・神戸具盛が説得して降伏となっている。この時、人質として差し出された賢秀の息子が蒲生氏郷であり、のちに織田・豊臣家臣として活躍している。

また、観音寺城を奪われた六角父子は、以後は甲賀を拠点としてゲリラ的に信長に抵抗の姿勢を見せた。しかし、たびたび敗戦し、没落の一途をたどることになった。なお、義賢は信長死後も生き続け、天下人となった豊臣秀吉の御伽衆になったという。

日本100名城に!?

なお、観音寺城はこの戦い以前にも何度か戦や争いの場になった城であった。室町時代に起きた応仁の乱の間には3度も攻城戦の舞台となり、その後も文亀2年(1502年)、永正13年(1516年)、大永5年(1525年)と3度に渡って城主の六角氏が官吏の伊庭氏らに反乱を起こされている。戦国時代になるとお家騒動により衰退を見せ、観音寺の戦いで遂に廃城したか、織田の城の一つとなったと考えられるが、規模を見れば日本屈指の城であり、2006年には日本100名城に選ばれている。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP