丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「柴田勝家」信長死後、織田家臣トップの猛将に巡ってきた運命とは?

柴田勝家の肖像画
柴田勝家は織田信長の重臣で織田四天王の筆頭でもある。越前国北ノ庄城主。信長死後は織田家の覇権を巡って羽柴秀吉と対立し、賤ヶ岳の戦いで決戦に敗れ、妻で信長の妹でもある "お市の方" とともに自害した。

織田家に仕えるも、はじめは信長と対立?

勝家は尾張国愛知郡上社村(現在の愛知県名古屋市名東区)で誕生。生誕年ははっきりしておらず、大永2,6,7年(1522, 26, 27年)と諸説ある。なお、初名を"権六"、のちに"修理亮"と称したという。

『太閤記』によれば、柴田氏は清和源氏斯波氏の流れを汲んでおり、始祖の修理大夫義勝が越後国の新発田城に居城したことで姓を柴田にしたといい、また、勝家の父は柴田勝義というが、いずれも定かではない。

確実な史料での勝家の初見は天文20年(1551年)である。この年に信長の父・織田信秀が流行病で没し、その葬儀の列席において勝家の名がみえる。このことから、勝家は信秀の代から織田家臣として仕えていたことが伺える。

信長の弟を支持し、信長と対立

信秀死後、勝家は信長の弟・織田信行(信勝)に仕えるようになる。

織田家の家督は信長が継いだものの、信長は周囲から「大うつけ者」と評されるほど素行が悪く、天文22年(1553年)には、そうした信長の将来を憂いて傅役の平手政秀が自害したといい、信長が織田家当主にふさわしくないと考える者もいたという。
一方、弟の信行は、織田家中でも評価が高くて人望も厚かったといい、やがて信行は信長に対抗して代々織田家当主が名乗ってきた弾正忠の官途を自称するようになっていった。

こうした結果、弘治2年(1556年)、勝家や林秀貞らは信行に家督を継がせようとして、信長を討つことを画策。不穏な動きを察知した信長との間で合戦となった。(稲生の戦い)。
この戦いでは信行・勝家らが敗れたものの、信長の母・土田御前の嘆願によって彼らは許されたのであった。敗戦によって勝家は信長の力量を再認識したとみられ、以後は信長に忠誠を誓うようになる。

辛抱の時期?しばらく合戦の記録なし。

こうした中、信行が翌弘治2年(1557年)に再び謀反を企てた。

『信長公記』によれば、信行の家臣で、勝家をはじめとする評判の良い者たちは皆、信行の男色相手であった津々木蔵人の配下に付けられ、冷遇されるようになったという。勝家はこれを無念に思い、信行の逆心を事前に信長に報告。信長は仮病を使って見舞いに誘い出し、信行を謀殺したのであった。ちなみに信行殺害後、その遺児・津田信澄は、勝家に養育されることになったらしい。

信長の直属の家臣となった勝家だが、なぜかその後しばらくの間、合戦での活躍がみられない。信長に一度刃向ったことが影響したのかも知れないが、彼が史料にでてこない間に、信長は永禄3年(1560年)桶狭間の戦いの勝利で全国区の知名度になり、尾張統一を経て美濃攻略戦を展開し、永禄10年(1567年)に斎藤義興を追放して美濃平定を成し遂げている。

信長の腹心となり、佐久間と双璧をなす

勝家が次に史料であらわれるのは、美濃平定の翌年、将軍足利義昭を誕生させたときの上洛作戦である。

永禄11年(1568)9月、信長は足利義昭を擁して岐阜を出陣。上洛の途中、上洛への手助けを拒否した近江国の六角承禎の軍勢が立ちはだかったが、勝家ら織田の大軍勢はこれを難なく退け、続いて畿内平定に向けた戦いを開始した。このとき、勝家は森可成らとともに三好三人衆らとの戦いで先陣として敵城に突撃を敢行する等の武功をあげている。
以後、信長の天下統一の戦いにおいて、"鬼柴田" と称される猛将ぶりを存分に発揮していくことになる。

上洛後は、奉行として京・幾内の行政に携わる動きも垣間見える。同年10月、勝家・森可成・坂井政尚・蜂屋頼隆との4人連署で宛先不明の禁制をだしており、11月にも4人連署で天竜寺に対して年貢などの献納を申し渡しているのである。引き続いて翌永禄12年(1569年)の前半も京・畿内の行政を担い、同年8月には伊勢攻略戦に従軍し、敵城の包囲で布陣している。(大河内城の戦い

信長包囲網下で、近江支配体制の一角を担う

元亀元年(1570年)、信長は再三の上洛要請に従わない朝倉義景に業を煮やして越前国に攻め込むが、思わぬ展開が待ち受けていた・・・。

侵攻中に、信長の盟友で義弟でもある北近江の浅井長政の裏切りがあり、命からがら京へ逃げ伸びることに(金ヶ崎の退き口)。さらには、かつて信長に敗れて甲賀郡に逃れていた六角氏も失地回復を狙っていたため、信長の本拠地・岐阜と京都を結ぶルートが閉ざされる危険にさらされたのである。

信長はこの緊急事態に対処するため、以下のように勝家ら宿将を近江の要所に配備した。

  • 宇佐山城:森可成(森の死後は明智光秀
  • 長光寺城:柴田勝家
  • 永原城:佐久間信盛
  • 安土城:中川重政・津田隼人正

上記の体制は、のちに横山城に木下秀吉(のちの豊臣秀吉)が、佐和山城に丹羽長秀が加わり、やがて彼らに近江の国衆が与力に付けられ、近江支配体制として定着するようになったとみられる。

さて、この年の6月、さっそく六角氏が北進し、勝家の長光寺城を包囲した。このとき、六角氏に城の水源を断たれ、勝家が残ったずかな水を入れた瓶をたたき割って討死を覚悟したことから、勝家に「ツボワリ柴田」の異名がついたという。その後、勝家は城外へ出陣し、永原城の佐久間信盛もこれに連携して立ち向かい、六角氏を撃退したのであった。(野洲河原の戦い

その直後、信長は浅井報復のために出陣し、徳川家康の援軍も得て浅井・朝倉連合に勝利を収めているが、勝家もこれに従軍して浅井の本拠・小谷城の城下町を放火するなどしていたようだ。
なお、このときに横山城が手に入り、そこに秀吉が入城している。(姉川の戦い

続いて翌7月、摂津中嶋に進出した三好三人衆が反織田の兵をあげたため、信長は摂津で交戦するが、9月に本願寺顕如が呼応して挙兵したことで、織田軍の戦局は不利となった(野田城・福島城の戦い)。さらに、これに乗じて浅井・朝倉連合が大軍を率いて近江から南下。森可成や織田信治らを討ち取り(坂本の戦い・宇佐山城の戦い)、将軍御所を目指していた。

こうした状況の中、信長は明智と柴田軍に将軍御所の守備を命じるが、事態が重大なことに気づいた勝家は、信長にも京都に戻るように進言したようだ。
そして、信長が摂津から全軍撤退して京へ向かうと、浅井・朝倉連合が決戦を避けて比叡山に立て籠もったため、勝家ら織田の軍勢は比叡山を包囲し、年末まで長期にわたる対陣となった。(志賀の陣

元亀2年(1571)、2月に佐和山城を攻略した丹羽長秀がその城代として入ると、5月には信長率いる織田の大軍勢が、長島一向一揆掃討のために伊勢へ出陣。このとき織田軍は周辺の村々に放火して一旦退却、殿軍を務めた勝家が一揆軍の伏兵に遭って負傷し、馬印(=戦場で目印として背中にさした小旗)を奪われている。

また、9月には、佐久間信盛とともに六角義賢と一向一揆の拠点となっていた志村城・小川城を陥落させ、その直後には比叡山延暦寺の焼き討ちにも参加。没収した延暦寺の寺領・社領は、勝家のほかに、佐久間・明智・中川に与えられたという。

この頃より、信長と不和になった将軍義昭が水面下で反信長勢力を糾合しようと動き出す。反信長勢力とは浅井・朝倉・本願寺・三好三人衆・武田などである。
こうした中、元亀3年(1572年)4月に三好義継松永久秀が信長に反旗を翻して三好三人衆と結託、これに勝家・佐久間・坂井らが信長の命で派遣されている。なお、同年には将軍義昭の要請もあり、武田信玄が上洛目的で軍事行動を起こし、徳川領を一気に侵略して支配領域を拡大していた。

天正元年(1573)に入り、将軍義昭が反信長の態度を明らかにして砦を構築するなどの軍事行動をはじめた。これに勝家・明智・丹羽らが出陣して対処し、4月に正親町天皇の勅命で一旦は講和となった。なお、同じころに信玄が病没し、武田軍の上洛作戦は頓挫となっている。

7月には、再び義昭が挙兵したが、信長軍にあっけなく敗れて京都から追放となった。その後まもなく、信長は朝倉・浅井を立て続けに攻め滅ぼし(一乗谷城の戦い小谷城の戦い)、9月から10月にかけ、2度目の長島一向一揆掃討にも出陣して北伊勢の多くの諸城を陥落させるなど、信長包囲網を一気に崩壊させた。もちろん勝家はこれらの合戦にすべて従軍している。
なお、将軍に加担した残党勢力の掃討はその後も続き、11月に将軍義昭を庇護した三好義継を自害に追い込み、12月には松永久秀も降伏させている。

北陸方面軍団の統率者に、そして家臣団筆頭へ

天正2年(1574)3月には、大和国・多聞山城(奈良県奈良市)に入っていた明智光秀に代わって、勝家が入城して奈良の地の支配を行なうことになった。また、7月には長島一向一揆殲滅戦が行なわれ、勝家は佐久間信盛とともに賀鳥口に着陣して指揮をとり、一揆鎮圧に貢献。鎮圧後は滝川一益に長島城が与えられている。
なお、この頃、勝家は病気になっていたことが史料から伺え、のちに長島城の復旧工事の普請奉行も務めたらしい。

天正3年(1575)になると、4月に高屋城の戦い、5月に長篠の戦いに出陣している。

ところで、この頃の越前国は、一向一揆勢力が支配権を握るようになっていた。というのも朝倉滅亡後、信長は越前の統治を朝倉旧臣に担わせていたが、彼らが内紛を起こしたのを機に、本願寺顕如が加賀から七里頼周を派遣し、支配権を奪取していたのである。

だが、先の長篠合戦で武田への対処が落ち着いた信長は、同年8月に主力を総動員して越前一向一揆を殲滅。戦後は以下のように越前国の所領が分配されることになった。

  • 柴田勝家 :8郡(坂北・坂南・吉田・足羽北・足羽南・丹生北・今北西・今北東)
  • 佐々成政前田利家・不破光治:2郡(今南西・南条)
  • 金森長近:大野郡の3分の2
  • 原政茂:大野郡の3分の1
  • 武藤舜秀:敦賀郡

上述のように、勝家が8郡で大部分を占めており、2郡を与えられた佐々成政・前田利家・不破光治、いわゆる府中三人衆は柴田を監視する役目だったという。

こうして新たな越前の支配体制がはじまると、勝家はまもなくして北ノ庄城の築城を開始、国内で検地や新田開発、道路や橋などの交通網の整備、刀狩りなどを実施している。
そして翌天正4年(1576年)、信長から北陸方面軍団の指揮官に任命され、府中三人衆を与力として付され、加賀平定を一任されることになったのである。

以後、勝家の主戦場は北陸方面となり、加賀一向一揆や越後上杉氏との戦いとなる。

天正5年(1577)には、加賀へ進出した上杉謙信との唯一の戦いである手取川の戦いで敗北を喫した。なお、この戦いの前に、軍議で勝家と秀吉が衝突し、秀吉は信長に無断で戦線を離脱している。

同年には謙信が病没して北陸の情勢が変化。しかし、翌天正6年(1578年)年には荒木村重の謀反などで与力の府中三人衆が摂津国へ動員されたが、勝家は上杉への備えとして越前に留まって加賀への侵攻を行なっている。

天正8年(1580)には再び加賀へ侵攻し、加賀一向一揆の首謀者を倒してついに加賀を平定し、能登・越中へも進出を果たした。このころには織田家の筆頭家老の座にまで上り詰めていた。

信長死後は秀吉に遅れをとり・・

天正10年(1582)3月からは、勝家率いる北陸軍団は上杉方の越中・魚津城を包囲すると、6月3日にようやく陥落させた。(魚津城の戦い
しかし、その前日には本能寺の変によって京都で信長が討たれていたのである。勝家は信長の死を知って急遽撤退して光秀討伐に向かおうとするが、信長の死を察知した上杉方に邪魔をされ、結局は秀吉に先を越されてしまうのである。

秀吉が山崎の戦いで光秀を討つと、その後まもなくして織田の後継者、および、織田領の再分配を決めるための重臣会議が行なわれた。(清洲会議)

参加者は秀吉と勝家、それに丹羽長秀と池田恒興の4人であり、滝川一益は北条軍との戦いに敗れ、関東から敗走中であったらしい。会議では、織田の後継者として勝家が信長三男・織田信孝を推したのに対し、秀吉が信長の嫡孫・三法師(織田秀信)を推してきたことで主張が対立となった。このとき、丹羽長秀と池田恒興は秀吉の案を支持したため、後継者は三法師に決定したという。

この結果は、秀吉が本能寺の変の後に光秀を討った功績が大きく作用したとの見方があるようだ。さらには織田領の再分配でも、秀吉への加増が大きく、勝家は秀吉に追い越される形となるのであった。
なお、勝家はこの会議で諸将の承諾を得て信長の妹・お市の方と結婚している。

以後、勝家と秀吉による織田家の主導権争いがはじまった。
勝家は滝川一益・織田信孝・前田利家ら、秀吉は丹羽・池田・織田信雄など、両者は派閥を形成して対立、さらには周囲の対外勢力にも協力体制を求めて奔走していった。そしてついに天正11年(1583)には織田家を2分した決戦に発展することになる。(賤ヶ岳の戦い

両軍は賤ヶ岳で激戦を繰り広げたが、その途中で前田利家軍が突如戦線を離脱したのをきっかけに勝家方は総崩れとなった。 利家は勝家とは主従関係、秀吉とは親友の関係にあったことから、この決戦自体に悩んでいたというのが戦線を離脱した理由といわれている。

こうして北ノ庄城に逃れた勝家は、妻・お市の方に逃げるように勧めたが、彼女はこれを拒んで勝家と運命をともにすることを覚悟。そして、勝家はそれぞれ功のある者たちを賞し、最期は見事に腹を十文字に割いて自害したという。辞世の句は

夏の夜の夢路はかなき後の名を雲井にあげよ山ほととぎす

「夏の夜の夢のように儚い私の名を後世まで伝えてほしい。山ほととぎすよ。」といった意味。


勝家の名言・逸話など

先鋒の大将

あるとき、信長から先鋒の大将に命じられた勝家はこれを辞退したが許されず、結局承諾した。その後、たまたま安土城の城下で信長直属の家臣と身体が行きあたり、勝家はその者を無礼として切り捨ててしまった。
これに信長は怒って勝家を責めたが、勝家は「そうであればこそ、先鋒を辞退申したのです。理由なくお断りしたわけではございませぬ。先陣の大将たる者は権威がなければ下知(=上から下へ指図すること)することはかないませぬ。いかがでございましょうか」と言い放ったので、信長は返す言葉もなかったという(『名将言行録』)。

鬼柴田・かかれ柴田の異名

"鬼柴田" の異名をもつ。また、戦で「かかれ!かかれ!」と大きな声で叫び、そのすさまじい突撃力から "かかれ柴田" の異名も持っている。

信長の妻女狩りに苦言を呈する

あるとき、勝家の居城・北ノ庄城の城下において、老女が多くの人数を率いて、妻女を脅迫して京へ上らせていた。実はこれは信長が自分の気に入りそうな妻女をどの国でも探して連れてくるよう、この老女に命じていたのであった。
これを知った勝家はこれを正すべく、老女に対して「信長公を非道の者にしようとしている罪は重い」として一行を捕えて全員を海にしずめてしまったという。
その後、勝家はいきさつを信長に伝え、「御名を汚し、女捜しで諸国をまわっていたので処罰しました。しかしながら、この事はご自分で吟味した上、お仕置きなさってしかるべきことでございます。」と諫言すると、信長は毒気を抜かれて妻女狩りをすっぱり思いとどまったという(『名将言行録』)。

越前平定後

織田政権は朝倉義景を倒したものの、越前国は一揆がたびたび起こり、勝家は数年がかりでなんとか平定した。
勝家は郷民たちに武具の代わりに農具をいくらでも与えるとして、数え切れないほどの武具をかき集めた。 そして鍛冶屋を呼び集めて、これら武具を農具に作り替えさせて郷民らに与えたので、国中はますます静まり、一揆はなくなったという(『名将言行録』)。

自ら結果を予言

賤ヶ岳の戦い(1583年)の最中、味方の佐久間盛政が敵将の中川清秀を討ち取り、そのまま陣を置いた。これに勝頼はたびたび引き返すように言ったが、盛政は「(勝家が)鬼柴田といわれたのは美濃・尾張・近江での小競り合いのころのことだ。今回は大合戦であるから今までとは違う!」といって退却しなかった。
これに勝家は「無茶なことを言うものだ。こうなってはわしは負け戦となって切腹する羽目になるぞ」と言ったが、その言葉通りになってしまったのである(『名将言行録』)。

利家を許す

賤ヶ岳の戦い(1583年)に敗れた後、前田利家と対面した勝家は、先に撤退して敗戦のきっかけを作ったことを責めることもせず、数年来の骨折りを感謝し、「秀吉と親交が深いのだから必ず降参するのだ。私のことを考え、再び道を誤ってはならない」と述べた(『加賀金澤前田家譜』)

勝家の墓所・史跡

西光寺(さいこうじ)

勝家の菩提寺。境内には勝家とお市の方の墓のほか、柴田勝家公資料館もある。

北の庄城址・柴田公園

公園内にある柴田神社(しばたじんじゃ)は勝家と妻・お市の方が合祀されており、すぐ横には浅井三姉妹を祀る三姉妹神社もある。
その他、北の庄城址資料館がある。





おすすめの記事

 PAGE TOP