丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「武井夕庵」優れた実務家だった老近習。あの信長にもモノ申す?

織田信長の初期の近臣であり、信長に多くの諫言をしたことでも有名な武井夕庵。その生涯・人物像とは?

信長に仕えるまで

夕庵の誕生した年、両親など、出自に関しては明らかになっていない。彼ははじめ、美濃国守護である土岐氏に仕えていたが、斎藤道三によるクーデターによって道三が下剋上を果たすと、斎藤家に仕えるようになったという。道三、義龍、龍興の三代にわたって右筆として支え、道三が義龍と不和になったときには、義龍に味方。そして弘治2年(1556年)長良川の戦いのときについに道三と袂を分かち、義龍に従っている。

永禄4年(1561年)に義龍が病没し、龍興が家督を継いでからも、夕庵はそのまま龍興に仕えた。やがて尾張の織田信長との争いが激化し、永禄10年(1567年)稲葉山城の戦いで斎藤氏の居城・稲葉山城を攻めとられると、信長の軍門に降った。こうして夕庵は信長の側近として岐阜城に出仕するようになったのである。

なお、主君であった龍興はこのときに伊勢長島へ逃亡し、その後も反織田勢力に加わって抵抗していくことになる。

信長の秘書官として活躍

夕庵はフロイスの書簡で信長の右筆とされている。右筆とはいわゆる書記であるが、彼の役目はそれだけでなく、むしろそれ以外の秘書的・吏僚的なもののほうが多い。信長の近臣に仕えてから様々な任務が彼の下に降ってくることになる。

信長が足利義昭を奉じて上洛した翌永禄12年(1569年)、夕庵は岐阜城を訪問した山科言継の案内役を務めたり、右筆兼奉行のメンバーとして京都周辺の政治に関与している。さらには毛利氏との外交がはじまると、その窓口も羽柴秀吉とともに務めていたようだ。
やがて信長と15代将軍義昭が不和となり、反信長勢力が結集されても、これに毛利氏が加わらなかったのは、秀吉と夕庵の外交努力のたまものであろう。ただし、のちに織田と毛利領が接する頃には、両者敵対関係となっている。

天正3年(1575年)には秀吉とともに官位をもらって二位法印に叙せられ、「式部卿法印」と称した。また、茶人としても活動しており、『信長公記』によれば、天正6年(1578年)の元旦に安土城で開催された茶会で、信長嫡男の織田信忠に次ぐ位置だったという。

天正8年(1580年)3月には石山本願寺に勅命講和の勅使として佐久間信盛と共に訪れている。同8月にはその信盛が信長から追放。このときは使者の1人として信盛に会っているようだ。翌天正9年(1581年)の京都御馬揃えに参加したときには既に70歳を超えていたと言われている。

あの信長に諫言もした?

一方、夕庵は信長に諫言した逸話を多く持つ。以下に一覧でまとめてみた。

  • 元亀元年(1571年)、比叡山延暦寺を焼き討ちしようとした信長に対し、盟友の佐久間信盛と一緒にこれを思いとどまらせようとした。(『甫庵信長記』)
  • 天正4年(1576年)頃、越前・加賀で一揆勢を虐殺した信長に諫言し、古典を引用して君子の道について説いた。(『甫庵信長記』)
  • 天正6年(1578年)正月、宮中の節会や礼学の保護を信長に勧めた。(『甫庵信長記』)
  • 天正6年(1578年)10月、茶道に力を入れ過ぎると武道が疎かになることを諫言した。(『当代記』)
  • 戦いに明け暮れて家中で礼儀が疎かになったので、信長に諫言して家中の礼法を正した。(『武家事紀』※年代は不明)

上記の話はいずれも伝承の域をでないが、これだけ諫言した話があるのだから、きっと信長に諫言した人物なのであろう。

最期は消息不明…

天正10年(1582年)に本能寺の変が起こり、信長が殺害されたときの夕庵の所在はわからない。このとき信長・信忠父子とともに同じ運命をたどったとも言われるが、実際には同10月に吉田兼見を訪問しており、天正13年(1585年)にも山科言経を歓待したという記録が残っている。

その後の消息は不明である。世の趨勢が羽柴秀吉に傾いても、その家臣に加わることはなかったということだろう。ちなみに、夕庵の子の十左衛門は、のちに浅野家に仕え、紀伊国日高郡と有田郡の代官として活躍したという。





おすすめの記事

 PAGE TOP