丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「お初(常高院)」豊臣と徳川の和睦に尽力した三姉妹の次女。

お初の肖像画
近江の戦国大名・浅井長政の娘であり、波乱万丈の人生を送った浅井三姉妹。常高院こと浅井初はその三姉妹の1人である。

浅井滅亡を経験

お初は、永禄13年(1570年)に誕生。母は信長の妹・お市の方で、お初は浅井三姉妹の真ん中にあたる。彼女ら三姉妹は信長の姪という血筋だったこともそうだが、姉の茶々はのちに豊臣秀吉の側室となり、妹のお江(崇源院)はのちに2代将軍徳川秀忠の正室となるのだから驚きである。

かつて父長政と母お市の婚姻によって織田氏と浅井氏は同盟関係となったが、お初が誕生したこの年に両者は決裂する。上洛を果たしていた信長が越前朝倉攻めを開始すると、長政が信長を裏切って朝倉に転じたからである。(金ヶ崎の戦い
これは浅井と朝倉は代々友好関係にあったことが原因とされている。以後、義弟の裏切りに憤慨した信長は、浅井・朝倉連合軍と徹底的に戦い、天正元年(1573年)にはついに朝倉、浅井と立て続けに滅ぼしてしまう。

浅井滅亡時、浅井久政・長政父子は小谷城で自害。一方で浅井三姉妹は母お市とともに織田軍に保護され、織田家で生きていくことになる。一説に信長の弟である織田信包の庇護を受けたとも、信長の叔父にあたる織田信次に預けられたともいわれている。

今度は母と養父を奪われる…

時はすすみ、天正10年(1582年)には本能寺の変が勃発して信長が横死。その後、羽柴秀吉や柴田勝家ら織田重臣たちによって織田家の後継者と所領再分配を決める清州会議が行なわれ、このときに母お市が勝家と再婚となった。

信長のもとで保護されている間は安泰だったと思われるが、この再婚によって三姉妹に波乱が訪れることに…。というのも犬猿の仲だった秀吉と勝家は互いに派閥を形成して対立し、翌天正11年(1583年)には織田家の覇権をかけて賤ヶ岳の戦いに発展したからである。
この戦いで柴田軍は大敗し、居城の越前国(福井県)北ノ庄城まで撤退。そして勝家は最期に自刃して北ノ庄城も落城となるが、このときに母お市も勝家と運命をともにすることを選択した。一方でお初ら三姉妹は母の計らいで城を脱出することになり、今度は秀吉の庇護を受けることになった。その秀吉は浅井滅亡時に戦功があり、三姉妹にとっては父の仇という存在であったのだからなんとも皮肉な運命である。

天正15年(1587年)には秀吉の計らいもあって、お初は浅井家とも縁が深い京極家の当主である京極高次へ嫁ぐことになる。

近年、事実かどうかわからないが、お初と高次の間に面白い話が発表されている。
高次の長男である京極忠高は側室の子だが、文禄2年(1593年)に高次の侍女が忠高を懐妊すると、これに嫉妬したお初が殺害を企てたらしい。そして高次の家臣・磯野信高が忠高を預かって浪人し、お初の機嫌がやわらぐ文禄4年(1595年)まで忠高をかくまったというのである。

晩年は豊臣・徳川両家のために奔走

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、夫の高次は東軍として大津城に籠城して戦っている。(大津城の戦い
戦後は西軍を足止めしたとして徳川家康から高く評価され、恩賞として近江大津城から若狭一国の8万5千石へと加増転封されている。

徳川の世が訪れ、慶長14年(1609年)に高次と死別したお初は、出家して常高院と名乗った。そして徳川と豊臣の対立が生じて慶長19年(1614年)に大阪冬の陣が勃発すると、徳川方の阿茶局とともに和議を取りまとめるなど、両家の仲介に尽力。姉の茶々は豊臣秀吉の母であり、妹のお江は2代将軍徳川秀忠の正室だったのだから、両家の争いを食い止めるために奔走するのは当然のことかもしれない。

慶長20年(1615年)の大坂夏の陣での豊臣滅亡後は、妹のお江とよく会うなどして平穏に暮らしたようだ。寛永10年(1633年)に京極忠高の江戸屋敷で亡くなった。享年64。
なお、常高院の墓所は、若狭国(福井県小浜市)にある常高寺である。お初と高次には実子がなく、先に述べた忠高をはじめ、妹お江の娘など血縁関係にある者や家臣らの子女の養育にも積極的に関わったとされる。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP