丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「立花宗茂」武士の中の武士!?優れた人格と最強の武勇を併せ持つ希有な将

立花宗茂の肖像画
立花宗茂といえば、武勇で無双の将として広く知られており、戦国ファンにとっては馴染みの存在であろう。 豊臣秀吉や徳川家康に仕えてからも、圧倒的な存在感を示し、70歳を超えてもなお武人として抜擢されるほどの人物であった。

立花家に婿入り

立花宗茂は永禄10年(1567年)、大友氏の重臣で多くの武功をたてた父・吉弘鎮理(のちの高橋紹運)の嫡男として、豊後の国東郡(大分県豊後高田市)の地で誕生した。

父が高橋紹運と名乗るのは2年後のこととされる。大友家臣で大友氏の庶流であった高橋氏が断絶の危機を迎え、その名跡を引き継いだ。しかし、宗茂は高橋氏の後継者であるにもかかわらず、結局家を継ぐことはなかった。宗茂15歳となった天正9年(1581年)に、大友重臣で「雷神」と称された猛将・立花道雪の婿養子となって立花家を継いだからである。

道雪には後継者となる男児がなかったことから、若くして優秀だった宗茂を後継者に望んでいたようだ。ちなみに宗茂と道雪の娘・誾千代との夫婦仲はあまりよくなかったらしく、道雪の死後には別居したという。なお、高橋家は宗茂の弟が継いだため、大きな混乱が起こることはなかった。
一方、宗茂が初陣を飾ったのも同時期であり、実父や義父の後ろ盾はあったものの、見事に勝利を手にしている。その翌天正10年(1582年)には城を一つ落とすほどの活躍ぶりを見せるなど、メキメキと頭角を現していくことになる。

立花家に婿養子に入ってからの宗茂は、お坊ちゃま育ちだったゆえに道雪から容赦ない教育を受けたというエピソードもある。

豊臣政権下で宗茂の躍進が始まる!

天正12年(1584年)、この頃の大友氏は、かつての耳川の戦いで島津軍に大敗してから衰退の途をたどっていたものの、同年8月に沖田畷の戦い龍造寺隆信が島津氏に敗れて討死したのをきっかけに、道雪が筑後国の大半を奪回。このとき宗茂は立花山城を預かって武功をあげている。

天正12年(1585年)には養父・道雪が病没、さらに翌天正13年(1586年)には実父・紹運も豊臣秀吉による九州征伐の緒戦である岩屋城の戦いで討死するなど、宗茂の周囲では多くの混乱が起きており、もはや大友氏は島津氏に抵抗する力も失われていた。主君の大友宗麟は秀吉に謁見して援軍を要請し、その代償として秀吉に従属することにしたのである。

こうした中でも宗茂は島津軍との戦いで奮戦し、九州征伐において次々と輝かしい功績をあげていった。その活躍ぶりに秀吉から「宗茂は忠義も武勇も九州一」と絶賛されたといい、戦後に筑後国13万20千石を与えられ、秀吉直臣の大名として取り立てられるほどに。。このとき宗茂はまだ21歳であった。

東の本多忠勝、西の立花宗茂、東西無双

上記の言葉は、天正18年(1590年)の小田原征伐が行なわれる直前、秀吉が諸大名らの前で宗茂を評した言葉である。豊臣政権下での宗茂は、九州征伐での活躍はもとより、肥後国人一揆の鎮圧や小田原征伐等でも中心的な役割を果たし、羽柴や豊臣の姓を名乗ることも許されるほど、秀吉から信頼されるようになった。

その後、秀吉の2度にわたる朝鮮出兵においても渡海し、日本勢で最も優れた戦いぶりを見せていたのが宗茂とされている。

関ヶ原の敗戦で改易、浪人時代へ

秀吉死後、宗茂は関ヶ原を前に徳川家康から味方にと誘われているが、秀吉への忠義を貫くために、石田三成率いる西軍に加担することに。決戦の際には東軍の大津城を攻めていたので間に合わなかったが、西軍敗戦を知ると、西軍総大将・毛利輝元のいる大阪城へ出向いて徹底抗戦を進言したらしい。しかし、戦場にすら向かわなかった輝元にこれを受け入れることはなく、宗茂は国許へ撤退し、最終的には東軍への降伏を余儀なくされた。

戦後、宗茂は家康から領地を取り上げられて浪人となり、京都でその日の食事にも困るほどの苦しい生活を送ったようである。 また、彼の才能や人格を惜しむ者も多くあり、加藤清正前田利長から家臣に誘われるも、宗茂はこれを断ったとされる。 なお、この浪人時代にはこんなエピソードもある。

米が足りないゆえ、家臣は雑炊を作って宗茂に差し出したが、宗茂は「汁かけ飯を食べたいときは、自分で汁をかけるから余計な事をするな」と怒った。裕福な暮らしをしていた宗茂は、米が足りなかったから雑炊を作ったという意味がわからなかったという──。

こうした貧困生活のエピソードは創作との見方も強く、実際どこまで貧しかったのかどうかはわからないが、やがて徳川幕府の世が訪れて浪人生活に終止符が打たれることになる。

徳川の世で復帰、晩年まで活躍!

慶長8年(1603年)、江戸に下った宗茂は本多忠勝に面倒を見てもらうことになる。翌年には忠勝の口利きもあって、幕府に仕えるように。しかも、かねてから宗茂の器量を知っていた家康から陸奥棚倉に1万石を与えられ、見事に大名として復活を遂げたのである。

以後、宗茂は徳川家への忠誠を示すようになる。その後、徳川と豊臣の最終決戦となった慶長19-20年(1614-15年)の大阪の陣を前に、宗茂を恐れていた家康からは必死に徳川方に与するように説得されたといい、豊臣方に味方することはなかった。合戦では2代将軍徳川秀忠の参謀としてその実力を遺憾なく発揮。秀忠を指導し、さらに豊臣方の軍事行動を事前に予測するなど、徳川の勝利に大きく貢献している。

家康死後の元和6年(1620年)には、徳川幕府から旧領である筑後柳川およそ11万石を与えられた。関ヶ原の敗者として改易された後に旧領復帰を果たした大名は宗茂だけである。その後、伊達政宗らとともに三代将軍徳川家光の相伴衆となり、江戸に定住して様々な行事に付き従ったとみられる。

晩年となった寛永14-15年(1637-38年)には島原の乱が勃発。宗茂はとうに70を超えていたが、まさかの参陣を果たしている。幕府方は想定外に苦戦を強いられて、鎮圧の上使として派遣された板倉重昌に続き、松平信綱も出向くことになったが、その際に信綱の補佐を務めたのが宗茂であった。このとき、戦局の予想を見事に的中させるなど、戦略面で指揮をとって家臣らを脱帽させたという。

その後まもなく、養子の立花忠茂に家督を譲って隠居・剃髪。晩年まで武人として生き抜いた宗茂は、寛永19年(1642年)に天寿を全うしてこの世を去った。享年76であった。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP