丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「土岐頼芸」壮絶な家督争いに勝利するも、やがて下剋上の犠牲に。

"元" 美濃国主の土岐頼芸。兄弟による家督争いで苦難続きの末に美濃守護へとようやく辿り着いたのに、まもなくして家臣の斉藤道三による美濃国盗りの餌食に・・。その生涯は追放後のほうが長かった?

兄との家督争い

土岐氏といえば、平安時代より美濃国に土着し、鎌倉時代には美濃国内に多くの庶流を輩出して強力な武士団を形成、さらに南北朝期以降は代々美濃守護を務めたエリート一族である。土岐頼芸はその一族の宿命を背負う形で、文亀2年(1502年)に美濃守護・土岐政房の二男として誕生した。

当時の美濃国は、斎藤氏が守護代を務めていたものの、斉藤氏は斎藤妙純・利親父子が戦死して勢力が弱体化しており、代わりに斉藤氏庶流で小守護代でもある長井氏の力が強まっていた。そうした中、永正14年(1517年)に土岐氏で家督争いが勃発。父政房は嫡男の頼武を差し置いて頼芸を推したため、家中が頼武派と頼芸派に分裂して争うことになる。

このとき、頼武派には守護代の斎藤利良が、頼芸派には長井長弘や斎藤彦四郎らがそれぞれ支持したといい、頼芸派が争いに敗れたらしいが、頼芸は翌永正15年(1518年)に再び戦って今度は勝利し、兄の頼武を越前国(福井県)に追放している。
だが、これで決着が着いたワケではなかった。続く翌永正16年(1519年)には、越前国を治めている朝倉孝景の支援を得た頼武に反撃され、頼芸は敗れてしまった。その結果、兄頼武が美濃守護に就くことになったのである。

美濃守護を奪取!

しかし、頼芸は兄頼武が美濃守護に就任した後も諦めず、大永5年(1525年)に再び兵を挙げている。そして享禄3年(1530年)にはついに兄頼武を再び越前国へと追いやり、美濃の実権を掌握することになった。

ところで、この家督争いの勝利と頼芸の守護補任の背景には、長井新左衛門尉という人物の存在があった。彼は元々油商人だったところを長井家臣に抜擢されたという異色の経歴をもち、この家督争いでの活躍で大出世を遂げている。まもなくして彼は死没し、彼の子が代わりに頼芸重臣として活躍していくのだが、その子というのが美濃のマムシこと、斎藤道三である。

以後、頼芸は道三を重宝して勢力維持に努めた。頼芸が正式に美濃の守護職に就任するのは天文5年(1536年)になってからである。それまでは兄頼武の子である頼純やそれを支援する朝倉氏・六角氏らと争っていた。守護就任後は、六角定頼の娘を娶って六角氏と和睦し、天文8年(1539年)には頼純とも和睦している。

道三に国を盗られ・・・

一族とも和睦して守護職として安定したと思えた矢先、天文10年(1541年)に道三が頼芸の弟・頼満を毒殺した。この事件によって道三と対立することになり、翌天文11年(1542年)に尾張国へと追放されてしまったという。なお、追放されずに道三の傀儡として守護の座に留まっていた説や、天文19年(1550年)に追放されたという見方もある。

国外追放となった頼芸は尾張の織田信秀の支援と朝倉孝景の尽力で守護の座に復帰することになるが、天文15年(1546年)に朝倉孝景が道三と和睦してしまい、頼純に守護の座を渡すハメに(※頼純は翌年に急死)。それだけでなく、天文17年(1548年)には信秀も道三と和睦したため、完全に後ろ盾を失った頼芸は再び美濃から追い出されることになった。

その後は、妹の嫁ぎ先・六角氏の近江(滋賀県)、実弟の治頼がいる常陸(茨城県)、一門の土岐為頼のいる上総(千葉県)というように身内を頼って転々とし、のちに甲斐(山梨県)の武田家に身を寄せた。この間に病気で失明したという。

この間、美濃国主となった斎藤道三は、弘治2年(1556年)に息子の義龍とのトラブルから長良川の戦いで交戦して戦死しており、のちの斉藤龍興の代に美濃国は信長の手に落ちる。

ずいぶんと先の天正10年(1582年)織田信長が武田征伐を行なっていたときに武田氏の庇護下にあった頼芸が発見され、かつて頼芸の旧臣だった稲葉一鉄(このときは織田家臣)の取り計らいで美濃国に戻ることができたという。その半年後に81歳で死去したという。





おすすめの記事

 PAGE TOP