丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「尼子経久」尼子を一大勢力に発展させた十一州の太守。

尼子経久の肖像画
尼子経久は、守護代の尼子氏を戦国大名に発展させた下剋上代表格の一人である。 十一州の太守と呼ばれるほど、中国エリアで一大勢力を築きあげていった彼の生涯からは、かなり強気な姿勢がうかがえよう。

家督相続の当初、一時は干される。

尼子経久は長禄2年(1458年)、出雲守護代の尼子清定の嫡男として出雲国で誕生。

尼子氏は、室町幕府の侍所の長官を交代で務めた四職の一角・京極氏の庶流にあたり、代々出雲守護代を務めた家柄でもある。父清定の代には、応仁元年(1467年)応仁の乱が勃発して乱世へと突入。このとき清定は東軍に属し、西軍の山名氏の出雲侵入を撃退するなどの功績をあげている。
こうした中、まだ若かった経久は、京極氏の人質として京都で5年程過ごしたといい、その間に元服して京極政経の「経」の一字を与えられ、「経久」を名乗った。出雲に帰国すると、文明10年(1478年)頃までに経久が家督を継承したとみられている。

当主となった経久は、徐々に国人衆とのつながりを強めるとともに、京極氏の寺社領の横領や室町幕府からの税の要求に従わないなど、独自の権力基盤を作り上げていった。しかし、これらの行動が原因で幕府や守護の京極氏、さらには国人衆らの反発を招き、文明16年(1484年)には居城・月山富田城を包囲され、守護代の地位を剥奪されることになる。なお、このとき経久は出雲から追放され、2年後の文明18年(1486年)に月山富田城を奇襲して奪い返したとも伝わるが定かではない。

その後、明応9年(1500年)に主君の政経と和睦し、幕府や京極氏の了解を得て守護代の地位に復帰している。

主君亡き後、一気に勢力を拡大

永正5年(1508年)、政経が没すると、経久は事実上の出雲の主となった。

一方、幾内では細川政元が暗殺されて細川宗家の家督争いが勃発。同年に復権を図る前将軍の足利義尹が周防の大内義興に擁立されて上洛を果たすと、細川澄元と現将軍足利義澄が京を追われ、代わりに義尹が将軍に返り咲きとなる。なお、このとき経久も上洛軍に従ったとされる。
管領には細川高国が就き、管領代に大内義興といった新体制で幕政がスタートとなるのだが、以後は高国派と細川派による戦いが激化。永正8年(1511年)船岡山合戦には、経久も高国派の将として参加したとみられる。

この頃、高国派だった尼子氏は、経久次男が細川高国から「高」の一字を与えられて国久、三男が大内義興から「興」を与えられて興久と名乗っている。このように周防の大内氏とは親密な関係を維持しながらも、尼子氏は出雲のほか・石見・備後・伯耆へも進出して一気に勢力を伸ばしていった。

永正14年(1517年)頃には、山名氏と手を結んで石見国内の大内方の城を攻め、大内氏とは敵対関係に入った。これにあわてた大内義興が永正15年(1518年)に管領代を辞職して帰国したことで、大内氏との戦いがはじまる。

大内家との抗争

経久は三男興久を出雲西部で強大な力をもつ塩冶氏の養子に送り込み、出雲国西部を掌握すると、備後や安芸へも積極的に侵攻。 大永3年(1523年)には、義興が九州北部へ出陣へしている隙をつき、安芸国鏡山城攻めに向かう。この戦いでは、尼子傘下にあった毛利氏や吉川氏ら安芸国衆も参戦しており、毛利元就の調略によって敵城を陥落させている。(鏡山城の戦い)

翌年には伯耆国もほぼ手中に収める成果を上げるが、大永5年(1525年)からは一転して窮地に立たされていく。同年に毛利氏が再び大内方に転じると、大内氏の反撃が開始。さらには山名氏も反尼子の立場を明確にする。

大永7年(1527年)には、大内軍が備後にも進出。尼子軍は出兵するも、ここで敗北を喫して尼子方の備後国衆の大半が大内方になびく事態を招いてしまう。

三男興久の反乱

こうした中、享禄3年(1530年)にはさらなる苦境が訪れる。三男興久が出雲大社、三沢氏、多賀氏、備後の山内氏など、国内外の反尼子勢力と手を結び、反旗を翻したのである。

後世の軍記物では、所領の加増が認められなかったために反乱を起こしたというが、事実かどうかはわからない。この反乱は出雲国を二分しての尼子氏と塩冶氏による全面対決だったとされる。このとき、興久も経久も大内氏へ支援を求めたが、大内氏は経久側を支持する形で尼子氏と和睦していたらしい。ただ、大内氏も北九州の覇権を巡って大友氏や少弐氏らと戦っていたため、特に介入していないと思われる。

結果、この反乱は天文3年(1534年)に鎮圧された。興久は逃走するも、甥の尼子詮久(あきひさ。のちの尼子晴久)の追撃を受け、最終的には自害となった。

晩年

天文6年(1537年)には家督を嫡孫の詮久に譲り、尼子家の活動は詮久が主導するようになる。 彼は東西へと勢力を拡大したのち、方針を石見銀山の維持を優先して無理な外征を避ける事で、やがて尼子家を最盛期に導くのである。

その尼子最盛の勢力基盤を作った経久は、天文10年(1541年)に月山富田城内で没し、天寿を全うした。享年84。なお、後世には毛利元就や宇喜多直家と並び、「中国の三大謀将」の一人として称えられている。





おすすめの記事

 PAGE TOP