丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「浅井長政」盟友朝倉のため、義兄信長に背いた末路は?

浅井長政の肖像画
北近江の戦国武将浅井長政は、織田信長の義理の弟であり、のちに豊臣秀吉の側室となる茶々の父でもある。近江半国の領主に過ぎず、戦国武将として強大な勢力を誇ったとは言えない長政が、戦国史に名高い足跡を残しているのはなぜなのか、その生涯を見ていこう。

六角氏を破って浅井家当主に

天文14年(1545年)に父・浅井久政の嫡男として生まれた時から、長政の人生は波乱含みであった。

浅井家は長政の祖父・亮政の代に台頭した近江国の新興勢力で、長政出生時は南近江の六角氏に臣従せざるを得ない状況にあった。幼少時は母と一緒に、六角氏の下で人質生活を送っていたとされている。

最初の妻は六角氏の重臣平井定武の娘で、政略結婚だった。元服後の名乗りも、六角氏の当主義賢の一字をもらって賢政と名乗っている。この時点では、浅井氏は近江の一勢力に過ぎない存在と言っていいだろう。

浅井氏が長政の下で飛躍し始めるのは、永禄3年(1560年)8月の初陣での勝利からである。弱冠15歳だった長政は六角氏に対して反旗を翻し、この野良田の戦いで鮮やかな武者振りを見せた。長政の力量を認めた家臣たちが父の久政を強制的に隠居させ、長政を新当主に担ぎ出し、六角氏から独立していくことになる。
なお、のちに義兄弟となる織田信長は、長政の初陣の3か月前に桶狭間の戦い今川義元を討ち取り、戦国のスターダムへの一歩を刻んでいる。両者がほぼ同時期に活躍の地歩を固めているのは、興味深いところだろう。

浅井家最盛期と信長との同盟

妻を六角氏に送り返し、賢政の名乗りも捨てた長政は、北近江で独立した勢力を築いていく。

永禄6年(1563年)の観音寺騒動で六角氏が重臣の後藤賢豊を自ら暗殺すると、六角氏の家臣団に動揺が生じ、浅井家に付く者が増えて来た。その勢いを駆って、同年の戦いで六角氏に勝利をおさめた長政は、その後短期間ではあるものの浅井氏に最盛期をもたらしている。

浅井家の伸長を見た尾張の信長が、長政に同盟を申し込んできたのはこの頃である。信長の妹お市の方と長政の結婚による婚姻同盟で、成立した時期には永禄10年(1567年)9月のほか、永禄7年(1564年)永禄8年(1565年)と複数の説があるが、いずれにせよ浅井家と織田家は同盟軍となり、信長の一字を受けてこの時初めて長政と名乗ったとも言われている。

永禄11年(1568年)9月に信長が足利義昭を奉じて上洛した際には、織田軍の有力な同盟者として長政も加わった。上洛軍に抵抗した仇敵の六角氏は敗北し、近江での勢力をほとんど失っている。織田家と並んで、浅井氏の時代が訪れたかにも思えた時期だった。

信長との同盟を破棄

長政とお市の方は政略結婚だったが、仲睦まじい夫婦だったと伝わっている。戦国三姉妹と呼ばれる茶々お初(のちの常高院)、お江(のちの崇源院)の三人が二人の間に生まれているのも、その証左のひとつだろう。しかし、織田家と浅井家の蜜月は短かった。

上洛からわずか二年後の元亀元年(1570年)、信長が越前の大名・朝倉義景を攻めると、長政は信長との同盟を捨て朝倉家と共同戦線を張るに至った。なぜ長政が織田家との同盟を破棄したのかは、長く朝倉家との関係が深かったためと解釈されてきたが、近年新たな説が浮上してきており、正確な理由は定まっていない。理由はどうあれ、長政の裏切りと奇襲を織田軍は予測出来ていなかったようだ。朝倉軍と浅井軍に挟撃された戦いは、金ヶ崎の戦い、または金ケ崎の退き口と呼ばれ、羽柴秀吉や明智光秀らが苦戦を強いられた出来事として後世に語り継がれている。

反織田連合の最前線

元亀の年号は4年続くが、長政の裏切りを端緒として畿内全域が大乱戦に陥った時期と重なる。そのため大小様々な戦いをひっくるめて「元亀の争乱」と呼ぶ。その中で元亀元年(1570年)の6月の姉川の戦いは有名で、長政は朝倉家と組んで織田・徳川同盟軍と激戦を交えた。ここで敗北したものの、やがて信長と15代将軍足利義昭が不和となって反織田連合が形成されていくと、長政はその最前線を引き受けた格好となり、元亀年間を通じて徹底抗戦をしていくことになる。

姉川の戦いのすぐ後、9月から12月にかけて比叡山延暦寺とその周辺で戦われた志賀の陣では、織田家の有力武将・森可成や信長の弟・織田信治を討ち取るなど、織田家の領地に接して喉元のトゲのように信長を苦しめた。頼れる同盟者から一転、憎き裏切り者となった形である。しかし、長政は政略結婚の妻・お市の方を織田家へ送り返さなかった。この時期に三姉妹が生まれたことから、夫婦は政略を越えて固い絆で結ばれていたと考えられている。これは政略結婚が多かった戦国にあっても珍しいケースであり、長政の人となりを表すエピソードとなっている。

長政の最期

長政ら浅井家の抵抗は長らく続いた。元亀3年(1572年)には、武田信玄が反織田連合軍に加わり、三方ヶ原の戦いで織田・徳川連合軍を撃ち破った際には勝機が見えたが、その4か月後に信玄が急死すると、形勢は一気に信長に傾いた。

天正元年(1573年)7月、織田勢は3万もの大軍で北近江の攻略に掛かる。すでに本拠地小谷城を守るのが精一杯になっていた長政は、朝倉家に援軍を頼むが、信長は朝倉軍を一挙に殲滅して越前一乗谷まで攻め込み、朝倉家を滅亡させた。返す刀ですぐさま反転してきた織田軍によって小谷城は囲まれ、援軍の望みも無くなった長政たちは最期の時を迎える。

長政は妻お市の方と三人の娘を、最後の最後で織田家へと送り返した。戦場で彼女たちを引き受けたのは、浅井氏攻めを担っていた羽柴秀吉だったと言われている。そして9月1日、小谷城の袖曲輪の家臣の屋敷内で切腹した。享年29歳だった。

徳川幕府につながった長政の血筋

長政の死により、三代に渡った浅井家は滅亡した。ところがよく知られているように、浅井滅亡後の長政の血筋は、複雑に入り組みながら戦国史の中心を成していくことになる。

お市の方は天正10年(1582年)の本能寺の変の後、柴田勝家に再嫁するが、翌年に賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れた勝家と運命を共にした。三姉妹はこの時も落城した城から秀吉の下に送り届けられ、のちに茶々は側室となって秀吉の子秀頼を産む。三女のお江は徳川幕府二代将軍徳川秀忠の妻となり、三代将軍家光を産んだ。

豊臣と徳川の決戦となった慶長19-20年(1614-15年)の大坂の陣では、長政の娘二人は敵味方に分かれたが、次女のお初が間に入って連絡役を務めている。お初の願い空しく、茶々は大坂城の業火に消えたが、長政の血筋は徳川家につながり、長政の死後60年近くが過ぎた寛永9年(1632年)の9月に、家光の祖父として従二位中納言の官位が追贈された。

長政の浅井家は戦国列強の中においては小勢力で最盛期も短かった。しかし、妻お市の方を愛した姿と、信長に抗した生き様、そして娘たちの波乱の人生に感銘を受ける人は多い。長政の知名度が高い一因と言えるだろう。

浅井ゆかりの地

【浅井長政ゆかりの地 MAP】

養源院

  • 所在地:京都府京都市東山区 三十三間堂廻リ656

京都にある養源院は、浅井三姉妹が父長政の菩提を弔って文禄3年(1594年)に建てた寺で、茶々の死後に一度焼失したが、お江が再建し現在に至っている。長政とお市の方、三姉妹の数奇な運命を感じ取れる貴重な歴史史跡である。

徳勝寺(とくしょうじ)

  • 所在地:滋賀県長浜市平方町872

浅井氏の菩提寺であり、境内には浅井三代(亮政・久政・長政)の墓がある。

元々は現在の滋賀県長浜市で創建されていた寺だが、祖父・浅井亮政が小谷城を築城した際に山麓の小谷城下清水谷へと移されて浅井氏の菩提寺とした。浅井滅亡後に小谷城が廃城となり、羽柴秀吉によって新たに長浜城が築城されると、長浜城下に移って "徳勝寺"と改名されたという。

小谷城 赤尾屋敷跡

  • 所在地:滋賀県長浜市小谷郡上町

浅井長政の自害の地。石碑が建っている。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP