石田三成はどのようにして秀吉の家来になったか?

石田三成のイラスト99

石田三成はある手伝いをしたことで、秀吉に気に入られ、家来となりました。そのある手伝いとは?

( 正解率は 88 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「お茶出し」

  回答内訳

103人 が回答済です

鷹狩(7回答)
6%
合戦(4回答)
3%
お茶出し(91回答)
88%
草履をあたためる(1回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 8回

 解説

石田三成は、豊臣秀吉の鷹狩の帰りにお茶を出すときに、お茶の温度を工夫して気に入られ、豊臣秀吉の部下になりました。

1杯目のお茶は飲みやすいようにぬるめに、2杯目のお茶は温かめにし、3杯目のお茶はゆっくりと飲み、お茶の味を堪能するために熱くしていました。その違いに気づき、能力を高いとみた豊臣秀吉は石田三成を部下にしたといいます。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事