徳川家康の身長は推定何センチ?

戦国時代の名将であり、戦国三英傑の一人でもある徳川家康の身長は何cmだったでしょうか?

( 正解率は 60 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「155~160cm」

  回答内訳

104人 が回答済です

144~150cm(9回答)
8%
151~154cm(24回答)
23%
155~160cm(63回答)
60%
161~164cm(8回答)
7%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

戦国時代の男性の平均身長は157cmととても低く、現代(平成19年現在の20歳平均:173.3cm)と比較すると約20cmほどの差があります。

徳川家康はというと、家康が着用していた辻ヶ花染の小袖が身丈139.5cm、そして背中の中心から袖端まで59cmの長さがあるため、家康の身長は155cm~160cmであったと推定されています。

なお、同じく戦国三英傑の織田信長は170cm、豊臣秀吉は140cmであることから、家康は平均的、信長は大きめ、そして秀吉はかなり小さめだったということがわかります。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事