藤堂高虎が仕えた主君は、生涯何人でしょうか?

主君を幾人もかえて戦国を生き抜いた武将・藤堂高虎。その高虎が仕えた主君は生涯何人いたのしょうか?

( 正解率は 75 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「11人」

  回答内訳

56人 が回答済です

4人(7回答)
12%
11人(42回答)
75%
17人(6回答)
10%
22人(1回答)
1%

※未回答での閲覧回数は 4回

 解説

  • 1人目:浅井長政
  • 2人目:阿閉貞征
  • 3人目:磯野員昌
  • 4人目:津田信澄
  • 5人目:豊臣秀長
  • 6人目:豊臣秀保
  • 7人目:豊臣秀吉
  • 8人目:豊臣秀頼
  • 9人目:徳川家康
  • 10人目:徳川秀忠
  • 11人目:徳川家光

ちなみに、最初の主君浅井長政の孫が最後の主君である徳川家光です。 浅井長政の娘である江(浅井三姉妹の三女)の夫が徳川秀忠であり、二人の間の長男が徳川家光です。

藤堂高虎は、己の出世のために次々と主君を変えたという見方もありますが、浅井家への思いが何かあったのかもしれません。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事