丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

明智光秀の天下は何日間続いた?

1582年、明智光秀は天下を手中に治めつつあった主君・織田信長を自害に追い込みました。(本能寺の変)

その後まもなく、光秀もこの世を去ることになりますが、本能寺の変から光秀が亡くなるまでの期間は何日間だったでしょうか?

( 正解率は 65 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「11日」

  回答内訳

26人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 3回

3日 (6回答、23%)
5日 (1回答、3%)
9日 (2回答、7%)
11日 (17回答、65%)
 解説

本能寺の変で織田信長を自害に追い込んだ光秀ですが、まもなくそれを知った秀吉の軍勢が押し寄せてきて山崎の戦いで衝突します。

これに敗れた光秀は逃走。一説に落ち武者狩りに遭って殺害されたとも、致命傷を受けて自害したともいいます。

こうして光秀の短い天下は終わりました。天下を守れなかった理由の1つに、信長の首を取れなかった事があげられます。 これにより、より多くの諸将を味方につけるべきだった光秀の影響力は弱まり、結果的に天下を守りきれませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事