丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

石山本願寺・顕如の守刀の銘は?

織田信長と争ったことで有名な石山本願寺座主・顕如は、誕生の時に九条家から守刀を贈られています。その刀は次のうちどの鍛冶のものでしょうか?

( 正解率は 8 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「行平」

  回答内訳

25人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

正宗 (4回答、16%)
宗近 (9回答、36%)
行平 (2回答、8%)
長光 (10回答、40%)
 解説

顕如の父・証如の日記『天文日記』天文十四年九月十四日条によると、九条尚経が顕如に行平の小刀を贈っています。証如が鑑定に出したところ、間違いなく本物で、代は拵を含め五百疋(五十万円相当)との事。

行平は現代でこそあまり有名ではありませんが、室町期は「鬼神大夫」「紀新大夫」という名で珍重された刀鍛冶でした。贈答品としても人気で、古くから記録に残っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事