丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

武田信玄の人には言えない恥ずかしいエピソードは何?

戦国最強ともいわれる武田信玄ですが、実は人には言えないとても恥ずかしいエピソードがあります。それはなんでしょうか?

( 正解率は 53 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「浮気の言い訳を部下の男性にしたことがある」

  回答内訳

26人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 3回

夜遊びが奥さんにバレて家を追い出されたことがある (1回答、3%)
元服するまで寝小便が治らなかった (8回答、30%)
太りすぎて馬に乗ることができなかった (3回答、11%)
浮気の言い訳を部下の男性にしたことがある (14回答、53%)
 解説

戦国時代、戦に女性を連れて行けず持て余した性欲を発散するために大名の相手を若く整った顔立ちの小姓がつとめます。 甲斐の虎、武田信玄もその例にもれず、農民だった後に武田四天王とも呼ばれる高坂昌信を相手役に見出し召し抱えます。

武田信玄は高坂昌信のことをかなり気に入りなにかと便宜を図りますが常に一緒とはいきません。 そのため、他の小姓を相手にすることもあったのですが、高坂昌信がまさかの嫉妬心を抱いたことを知り、浮気の言い訳のような恋文を高坂昌信に贈ります。

その恋文はなんと現代にも残っており、東京大学に保管されているのですから人には言えないけど死んで400年以上たった今でも語り継がれる恥ずかしいエピソードとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事