朝倉宗滴が行っていた人工繁殖とは?

朝倉家の名将・朝倉宗滴(教景)が行っていた世界最古とされる人工繁殖は何でしょうか?

( 正解率は 33 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「養鷹法」

  回答内訳

27人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

養鯉法 (10回答、37%)
養鷹法 (9回答、33%)
養鮭法 (4回答、14%)
養鶏法 (4回答、14%)
 解説

朝倉宗滴(あさくらそうてき)は文化人としても名高く、名器・九十九髪茄子をも所持した教養人です。

宗滴は、庭で鷹を卵から育てる人工繁殖を行なっており、この養鷹法は戦国武将の中でも特異な例とされています。現在判明している限りでは世界最古の成功記録です。

宗滴はつがいを交配させて育てていたようです。宗滴の鷹は京都でも評判が高く、百発百中で獲物を捕らえると話題になったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事