丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

無念のあまり、怨霊となった戦国武将は誰?

お化け

無念の死を遂げたために「妖怪・七人ミサキ」となったとされる戦国武将は誰でしょう?

( 正解率は 48 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「吉良親実」

  回答内訳

25人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

長宗我部元親 (2回答、8%)
吉良親実 (12回答、48%)
香宗我部親泰 (7回答、28%)
島親益 (4回答、16%)
 解説

妖怪・七人ミサキは高知県を中心に伝わる亡霊集団。吉良親実は、長宗我部元親の弟・吉良親貞の子です。

元親は嫡男の信親が討ち死にした後、後継者に久武親直らの支持する四男の盛親を定めようとしますが、これに吉良親実が反対。親実は長幼の序を守るべきとして、元親の次男・香川親和を推し、久武親直とは対立します。

しかし、親直が元親に讒言したことで親実は切腹、その主従も処刑されてしまいます。親実の墓の周りでは怪奇現象が絶えなかったと伝えられており、それが「七人ミサキ」になったとされています。

なお、元親の従兄弟である比江山親興もまた、後継者問題に反対したため、切腹させられています。親興の妻子、および匿った寺の住職らも処刑されたため、こちらは「比江山七人ミサキ」と言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事