黒人の侍・弥助の出身国はどこ?

信長と黒人弥助のイラスト

織田信長の配下にいた「弥助」という黒人武士。さて、彼の出身(現在の国の位置で)はどこでしょうか?

( 正解率は 33 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「モザンビーク」

  回答内訳

116人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 11回

ガーナ (45回答、38%)
モザンビーク (39回答、33%)
スーダン (22回答、18%)
リベリア (10回答、8%)
 解説

フランソワ・ソリエが1627年に書いた「日本教会史」には、弥助はイエズス会の巡察使がインドから連れてきた召使いで、彼の出身地はポルトガル領東アフリカ(モザンビーク)であると記されています。

弥助は織田信長に気に入られて士分に取り立てられ、本能寺の変では本能寺に宿泊していましたが、明智光秀の襲撃を二条御所の織田信忠に知らせるために脱出し、そのまま信忠を守るべく182センチの巨体で大奮戦しましたが、投降。一命を許されて南蛮寺に引き取られたようですが、その後の消息は不明のままです。

【関連記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事