手紙が大好きな戦国大名といえば?

自筆の手紙が3000通以上現存している戦国大名が1人だけいますが、それは一体誰でしょうか?

( 正解率は 29 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「伊達政宗」

  回答内訳

27人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

上杉謙信 (4回答、14%)
豊臣秀吉 (7回答、25%)
徳川家康 (8回答、29%)
伊達政宗 (8回答、29%)
 解説

伊達政宗は大の手紙好きで知られ、現存している数は何と3000を超えます。選択肢にもある豊臣秀吉や徳川家康の手紙で現存しているものが100通以下ということを考えると、その凄まじさが分かります。

ちなみに彼が最も手紙を送ったとされるのは次女の牟宇姫(むう ひめ)です。彼女に送った手紙は約300通と言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事