丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

秀吉の九州平定戦の一つで、長宗我部元親・信親父子が参戦した戦いは?

豊臣秀吉が九州平定のために、四国の長宗我部元親・信親親子を派遣し、島津軍と激突した戦いは次のうち、どれでしょうか?

( 正解率は 63 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「戸次川の戦い」

  回答内訳

22人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

四万十川の戦い (3回答、13%)
耳川の戦い (4回答、18%)
戸次川の戦い (14回答、63%)
根白坂の戦い (1回答、4%)
 解説

戸次川の戦い(へつぎがわのたたかい)は1587年に島津家久が大友宗麟を攻撃し、宗麟が豊臣秀吉に援軍を求めたのがきっかけで勃発。島津家久軍と豊臣政権軍(仙石秀久、長宗我部元親・信親親子、十河存保ら)で行われた合戦です。

この合戦は地形に詳しい島津家久が長宗我部親子を寸断し、豊臣軍を撃退しています。ちなみに耳川の戦いは島津義久 vs 大友宗麟、四万十川の戦い(しまんとがわのたたかい)は土佐一条氏 vs 長宗我部元親、根白坂の戦い(ねじろざかのたたかい)は島津義久 vs 豊臣秀吉による戦いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事