戦国武将が合戦時に持ち歩いていたとされる陣中食とは?

戦国武将は合戦の合間に食事がしやすいように陣中食を携行していました。近年の健康ブームでも注目されている戦国武将たちがよく携行していた陣中食とは一体何でしょうか?

( 正解率は 75 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「味噌玉」

  回答内訳

28人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

砂糖玉 (2回答、7%)
塩玉 (2回答、7%)
味噌玉 (21回答、75%)
麹玉 (3回答、10%)
 解説

戦の合間に食べる陣中食には、すぐに食べられること、すぐに作れること、保存しやすいこと、持ち運びしやすいことが重要でした。

当時の武将たちはこれらの条件に合致したものとして、味噌を干したり焼いたりしたものである味噌玉をよく携行食として食べていました。味噌だけのものや乾燥野菜を混ぜたものなどがあり、地元で取れる食材や保存食品を利用して作られていました。

そのまま食べたり、味噌汁にしたり、中身によって食べ方もいろいろあったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事