丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

戦いの携帯食にもなる縄の素材とは?

戦国時代に携帯食としても使用された縄があります。その素材は何の茎からできていたでしょうか?

( 正解率は 68 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「芋」

  回答内訳

19人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

芋 (13回答、68%)
ごぼう (2回答、10%)
大根 (0回答、0%)
蓮根 (4回答、21%)
 解説

芋の茎でできている縄は、芋茎縄という名前です。その名のとおり里芋などの芋の茎、芋茎(ずいき)を編み、味噌などで煮しめて作られた縄です。

普段は縄として使えて、戦いの際には食料としても使うことができたようです。 お湯などに入れると、味噌が溶け出し、芋茎が柔らかくなるために味噌汁にすることもできますが、そのままちぎって食べることもできます。ちなみに現代でも食べることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事