奈良の東大寺周辺で戦った武将たちとは?

戦国時代、奈良の東大寺を舞台に合戦を繰り広げた武将たちは、次のうち、誰でしょうか?

( 正解率は 86 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「松永久秀 VS 三好三人衆」

  回答内訳

37人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

織田信長 VS 本願寺顕如 (3回答、8%)
松永久秀 VS 三好三人衆 (32回答、86%)
明智光秀 VS 赤井直正 (2回答、5%)
織田信長 VS 浅井長政 (0回答、0%)
 解説

奈良東大寺を舞台とした合戦には、永禄10(1567)年の「東大寺大仏殿の戦い」があります。

この戦いで対立した松永久秀と三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友道)は元々は三好長慶の家臣でした。しかし、長慶が亡くなり、室町幕府13代将軍足利義輝が暗殺された後には対立関係となります。

「東大寺大仏殿の戦い」では、以前からの戦いで劣勢となっていた松永久秀が多聞城へ、優勢となった三好三人衆が東大寺に本陣を布陣し、東大寺周辺で行われました。久秀軍が三好三人衆の本陣へ夜襲を決行し、戦闘中に失火したことで大仏殿は炎上しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事