徳川家康が元服した際に名乗った名は?

徳川家康は幼少の頃より今川家の人質となっていました。さて、家康が元服した際に名乗った名前は何でしょうか?

( 正解率は 39 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「元信」

  回答内訳

116人 が回答済です

竹千代(14回答)
12%
元信(46回答)
39%
元康(55回答)
47%
家康(1回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

家康の父・松平広忠は三河・岡崎城を拠点としていました。しかし、隣国の織田氏の圧力に耐えられず、幼少の家康(幼名は竹千代)は今川家の人質として差し出され、松平家は今川義元の支配下に入ります。

竹千代は今川家の人質のまま元服。今川義元から「元」の一文字をもらい、「次郎三郎元信」を名乗っています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事