本能寺の変が起きる前から、秀吉が準備していたことは?

豊臣秀吉(羽柴秀吉)は本能寺の変の直前、万が一に備えて「とある準備」をしていました。一体何をしていたのでしょうか?

( 正解率は 73 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「忍を各地に配置し、情報収集に努めていた」

  回答内訳

34人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

忍を各地に配置し、情報収集に努めていた (25回答、73%)
光秀に監視の忍を付けていた (5回答、14%)
北陸方面にいた柴田勝家と連絡を取り合っていた (1回答、2%)
上洛していた徳川家康と連絡を取り合っていた (3回答、8%)
 解説

『常山紀談』によると、秀吉は中国地方各地に忍を配置して、中国地方に向かう人の流れに最新の注意を払っていました。そしてその忍が怪しい飛脚を見つけ、明智光秀から毛利宛の密書を得ます。そこから中国大返しが始まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事