若松城を大改修した武将は誰?

幕末の白虎隊の舞台にもなっている若松城(別名鶴ヶ城)。元々は1384年に建築された城で、とある武将が大改修するまでは、大名が生活する程の城ではありませんでした。さて、豊臣政権の時代に若松城を大改修し、城下町を整備した武将は誰でしょうか?

( 正解率は 61 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「蒲生氏郷」

  回答内訳

21人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

上杉景勝 (7回答、33%)
伊達政宗 (1回答、4%)
明智光秀 (0回答、0%)
蒲生氏郷 (13回答、61%)
 解説

1590年、豊臣政権による小田原征伐、奥州仕置の後、蒲生氏郷は陸奥国会津の領地を与えられ、会津入りします。

このとき氏郷はそれまでの地名「黒川」から「若松」へと改め、同時に城下町も整備。若松城を難攻不落の名城に大改修しました。今の会津の基礎を作った人物として知られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事