丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

黒田官兵衛が訃報を聞いて嘆いた武将とは?

秀吉の軍師で名高い黒田官兵衛が、とある武将の訃報を聞いたときに「これで日本に賢人はいなくなった」と嘆きました。 誰の訃報を聞いて嘆いたのでしょうか?

( 正解率は 68 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「小早川隆景」

  回答内訳

25人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

前田利家 (6回答、24%)
小早川隆景 (17回答、68%)
上杉景勝 (1回答、4%)
長宗我部元親 (1回答、4%)
 解説

生前、小早川隆景が黒田官兵衛に対し、「貴殿は頭の回転もよく、物事を即断するだろうから後悔も多いだろう。私は貴殿ほど頭も切れないから十分に時間をかけて考えるので公開することも少ない」と語ったことがあるそうです。

官兵衛はこの話に感心したのか、隆景の訃報を聞いた際に「これで日本に賢人はいなくなった」と嘆いたといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事