丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「島津豊久」見事すぎる最期!叔父・義弘の身代わりとして散る。

島津豊久は、島津四兄弟の末弟・島津家久の子どもであり、関ヶ原合戦における叔父・島義弘の撤退戦「島津の退き口」で壮絶な最期を遂げたことで知られている。

初陣は沖田畷

島津豊久は、1570年に島津家久の子として誕生する。幼名は豊寿丸、元服後は忠豊と名乗っていたが、後に豊久に改名した。「忠」も「久」もどちらも島津家の通字であり、父家久の兄弟には、「久」の字を持った「義久」、「歳久」がいる。

豊久の初陣は、1584年の沖田畷の戦いである。島津家と並ぶ九州三強の一つ龍造寺家との戦いで、島津家は龍造寺家の当主隆信を始め、龍造寺家の四天王も討ち取ることになる。兵力差で有利だった龍造寺家が島津家に作戦負けしたことになるが、当主が戦場で死亡するという珍しい戦いでもある。当主や主だった武将を失った龍造寺家は、三強の座から陥落し、島津家が勢力を拡大するのだ。豊久もこの戦いで大将の首を挙げる活躍をしているのである。また、沖田畷の戦いよりも6年前の耳川の戦いでは、同じく三強の一つである大友家にも大勝していたため、島津家は九州全土の支配に迫ったことになる。

父の急死のより跡を継ぐ

沖田畷の戦いに勝利し、九州統一まで後一歩と迫った島津家だったが、豊臣家の九州征伐によって阻まれてしまう。滅亡寸前だった大友家が、本州で勢力を拡大していた豊臣秀吉に援軍要請をしたのであった。当初豊臣軍の戦法を打ち破り強気だった島津家も豊臣軍の本隊が20万という大軍で攻めてくると降伏するしかなくなってしまう。当主島津義久が出家し、弟の島津義弘が家督を相続して降伏が認められるが、父の家久が豊臣軍の陣から帰ってきた後に急死するのだ。暗殺説や毒殺説が出てくるが、死因は定かになっていないのである。家久の死後は豊久が跡をついでそのまま佐土原城になる。豊臣軍の傘下になった後は、小田原征伐や朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に従軍し、活躍している。

命を懸けて主君を守った武将!

島津家の怖さが世に知れたのが、関ヶ原の戦いでの「島津の退き口」と呼ばれる退却の仕方である。豊久は当主の義弘と共に西軍として参戦するが、積極的に戦闘に参加していない。もともと東軍(徳川方)として参戦するつもりだったが、東軍の伏見城主の鳥居元忠に入城を拒まれたため、やむなく西軍として参加したとされているためである。

関ヶ原の戦いは、当初西軍が有利だったが、小早川秀秋の寝返りによって形成が逆転し、西軍の主力が総崩れになり、島津家も退却を余儀なくされることになる。しかし、このときの島津軍は、徳川軍に周りを囲まれて退却困難な状況に陥っていたため、敵の本陣に向かって突進するという驚くべき行動をとることになる。本来であれば、敵がいない方に向かって逃げていくものだが、島津家はここで全く逆のことを実行したのだ。

島津義弘率いる本隊はそのまま本陣の脇を抜けて本国薩摩まで退却に成功する。しかし、豊久は殿を務め追手を防ぐため、奮戦するが、最後には戦死してしまう。この時、島津家が用いたのが殿となる部隊が死ぬまで敵を足止めする「捨て奸」と呼ばれる戦法である。殿部隊は退却することをせずできるだけ敵を足止めをして味方を退却させるのだ。島津家は、鉄砲の所有数と射撃の精度が高く、離れた位置から敵大将の狙い撃ちができるため、このような戦法が利用できるのである。

本領安堵!

関ヶ原の戦いの後、島津家は西軍であるにも関わらず、薩摩・大隅の2国を安堵される。西軍に属した大名の領地が没収されたり、大幅に減らされたりしたことに比べると破格の待遇である。複数考えられる理由には、関ヶ原での戦い方も挙げられている。圧倒的な兵力差があるため、たとえ領地没収の処置に抵抗されても力で屈服することも可能だが、捨て奸のような死に物狂いの戦法を取られたら被害も大きくなるからである。島津豊久を始めとした関ヶ原の戦いでの多くの島津家臣の犠牲は、島津家の本領安堵という形で活かされたことになるのだ。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP