丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「島津忠良」入道名 "日新斎" で知られた島津氏中興の祖

島津日新斎の肖像画

島津忠良は島津貴久の父であり、日新斎(じっしんさい)の号で知られる薩摩(現在の鹿児島県)の武将である。 島津家中興の祖とされる。島津家の分家・伊作家の出身であるため、伊作忠良と呼ばれる事がある。

明応3年(1494年)、父の善久が撲殺されるという不幸に遭う。 次いで明応9年(1500年)祖父・久逸も薩州家の内紛に巻き込まれ、加世田の戦いで戦死するという憂き目に遭う。 祖父と父亡き後は、母・常盤が伊作家の当主を務めた。 その隙をついて周りから攻められる事も多かったが、相州家の当主・島津運久が加勢し、伊作島津家を助けた。 その縁あってか、元亀1年(1501年)に常盤は運久と再婚した。

永正3年(1506年)に忠良が元服すると伊作家を継ぎ、次いで運久から相州家の当主の座も譲られたため、伊作・相州両家の当主として忠良は指揮を執る事になった。 阿多城に移った運久の後を継いで、忠良は亀ヶ岡城主となる。 21歳の頃には阿多、田布施、高橋、伊作を領地として治めるまでに成長した。

忠良は幼少の頃より、桂庵禅師に朱子新註四書の手ほどきを受け、論語にも通じていた。 また、禅を修め、神道を極め、儒神仏の3つの教えを融合し、日学を開いた。 これが領主になってからの政治に活かされ、人道を重んじて領民に対して善政を布いたため、仁徳のある領主として内外に聞こえが高かった。

一方、島津宗家の第11代忠昌の死後、長男の12代忠治、次男の13代忠隆が相次いで病死したため、永正16年(1519年)頴娃氏の養子におさまっていた3男の忠兼を14代の当主にした。 継いだばかりの宗家の忠兼は基盤が脆弱であったため、分家・薩州家の島津実久の助力に頼る事が多かった。 実久の姉を妻に迎えた忠兼は、国政を実久に委任するなどして基盤は強固なものになりつつあった。 しかし、忠兼に子が無い所に目をつけた実久がその世子におさまろうと画策したの嫌って、忠兼は正室と離縁、実久を遠ざける行動に出る。それに怒った実久は兵を挙げて忠兼を薩摩から追い出して薩摩の守護の座を奪おうとし、領内は混乱に陥った。

大永6年(1526年)追放される形になった忠兼は、今度は伊作・相州両家の当主である忠良に救援を求めた。 忠良はこれを承諾し、長男の虎寿丸(のちの貴久)を忠兼の養子にする事で双方の関係を強化し、薩州家の実久に対抗したのである。同年11月、忠兼は養子の貴久に守護の座を譲り、隠居する(大永7年(1527年4月)が貴久への守護職譲渡の時とする説もある)。 一方、忠良は子の貴久を守りながら、33歳で剃髪して日新斎と号する一方、領内の統一に踏み出した。 その後も、薩州家の実久は貴久の守護職継承に不満を募らせており、忠兼・貴久の養子縁組を解消しようと企んでいた。 一度は貴久に守護職を譲った忠兼自身も、この頃には譲ったことを後悔するような事を言っている。

大永7年(1527年)6月5日、ついに実久は忠良・貴久に対して兵を挙げた。 地頭の伊地知重貞や忠良の姉婿である島津昌久に兵を挙げさせ、排除しようと行動に出た。 6月7日には忠良はすぐに出兵し、討伐軍を派遣、乱を鎮めた。 その隙をついて、実久は使者を派遣し、忠兼に守護職復帰するよう説得行動に出る。 さらに実久は兵を率いて、忠良の領地である伊集院一宇治城・日置城・谷山城を攻略する。 清水城にいた貴久にも守護職の返上を迫るなどし、6月15日、窮地に陥った貴久は徹底抗戦をあきらめて城を捨て、8人の家臣とともに鹿児島から田布施の亀ヶ岡城へと逃れた。 6月21日忠兼は守護職に復帰する。この時、名前を忠兼から勝久へと改めている。 忠良も負けてはおらず、7月に入って忠兼の隠居城であった亀丸城を落とし、居城としている。 その後、各地方の領主が勝久と忠良の和解を提案するなどしたが、失敗に終わる。

数年時を経て天文2年(1533年)3月、忠良・貴久はついに反撃を開始する。 時には奇策を用い、間者による情報収集と猟夫に変装して巧みに敵の目を欺き城に侵入して、桑波田栄景が守る日置南郷城を落とすなどした。一方、守護に復帰した勝久は俗曲戯芸に興じて政務を怠るなどしたため、不満を募らせた家臣に側近を誅殺され、大隅地方に追われるはめになる。 勝久は家臣の力で再度鹿児島に戻ったが家臣の心が離れており、実久が実権を握り始め、とうとう守護職の座に就く。 実久と忠良・貴久親子の対決はその後も続いたが、天文8年(1539年)の加世田別府城の戦いや同8年の市来鶴丸城の戦いで実久は立て続けに敗走したため、ようやく忠良・貴久親子の守護職復帰と島津宗家の継承が実現した。 室町幕府から正式に認められるのは天文21年(1552年)のことで、実に長い年月を要したことになる。 忠良は天文19年(1550年)に加世田にて本格的な隠居生活に入る。しかし、その後も琉球を通して明との貿易したり、鉄砲の大量購入、城下町や橋の整備、養蚕などの産業を復興した。

このように、その後の島津氏の基盤を作った事が「島津家中興の祖」と呼ばれる所以である。 その他、忠良は「いろは歌」の創作でも有名である。 日学の教えを簡単な歌にする事で広めようとしたものであり、そこには儒教の精神や人間はこうあるべきという思想・教育論などを感じる事が出来る。その後の島津家で活躍した島津義久・義弘らや江戸時代・幕末期の薩摩藩士・郷中教育の規範となり、現代においてもその思想は受け継がれている。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP