丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「木崎原の戦い」南九州の関ヶ原?島津・伊東の明暗を分けた戦い
──元亀3年5月(1572年)

木崎原の戦いと言えば、九州島津氏がその後において大躍進のきっかけとなる九州戦国史の歴史的ターニングポイントとなる一戦である。わずか3百の軍勢で3千もの兵力に対抗した戦で、「九州の桶狭間」とも称される。島津氏の圧倒的強さの秘密に迫ってみる。

合戦の背景

木崎原の戦いは元亀2年(1571年)島津義弘の父である島津貴久が没することに端を発する。これを好機と見たのが日向国の戦国大名・伊東義祐である。義祐は家臣の伊東祐安を総大将に任命して3千の兵を預け、薩摩・大隈・日向の境にある真光院に出兵するのだ。

合戦の経過

元亀3年(1572年)の5月4日、伊東祐安は島津領との最前線に位置する小林城を出立。翌未明に飯野・妙見原に到着し、ここで兵を二手に分ける。半数を義弘の居城である飯野城の抑えと残し、もう一軍を義弘の妻が籠る加久藤城へと攻撃を仕掛ける。このとき、対する加久藤城の守兵は約50ほどの手薄である。


伊東軍はまず加久藤城周辺の民家に火を付け、島津軍を挑発。しかし、島津軍はこの侵攻を事前に把握しており、予定通り策略を開始する。義弘は僅か300の兵のうち、50の兵を本地口に留め、40の兵を白鳥山の麓へ伏せさせる。そして60の兵を加久藤城の救援へ向かわせると、自らも130の兵を率いて出陣し、二八坂に布陣する。

時を同じくして伊東軍も加久藤城への侵攻を開始。しかし、兵力の差に対して予想以上の抵抗を受けた伊東軍は白鳥山の麓へ向けて退却を開始。退却した伊東軍は池島川まで下がり、鳥越城跡地で休息を始めた。その情報を得た義弘は、好機とみて3千の伊東軍に対して正面から突撃を敢行。油断していた伊東軍を大いに苦しめるものの、兵力差は歴然としていたために、頃合いを見計らって義弘軍は退却を始めるのであった。

伊東軍は本軍と合流し、白鳥山へ義弘を追う。ここで白鳥神社に潜んでいた僧侶や農民合わせて300人余りのものが鉦や太鼓を叩き島津軍の伏兵を装う。慌てて戻る伊東軍に対し、義弘は忍ばせていた60の兵士を背後から急襲。自らも正面から突撃するも破れ、後退する。義弘隊は木崎原まで兵を後退させ、それを優勢で追う伊東軍に対峙する。

島津軍は即座に加久藤城からの援軍と合流、形勢を立て直し、伊東軍と交戦を開始。さらに背後からは白鳥山からの援軍が攻撃を加えた。伊東軍は想像もしていなかった島津軍の立て直しの早さと、背後からの奇襲により隊伍を乱し崩れた。崩壊した伊東軍は退却をするものの、さらに本地口に留まっていた島津兵が追い打ちをかけ、伊東軍は敗走。この時大将である伊東祐安とその嫡子・伊東祐次らは討ち死にしている。

戦後

この戦により伊東軍は800人余りが討ち死にするという歴史的な敗北を喫した。圧倒的兵力の格差にも関わらず総大将を討ち取ったことから「九州の桶狭間」と呼ばれるこの木崎原の戦いだが、桶狭間の戦いと異なり、島津軍側も約8割の兵士が討ち死にし、大きな被害を受けている。

今回のような圧倒的兵力の差を覆す際に、島津家が得意とするのが "釣り野伏" と言われる戦法である。少ない本軍で正面から突撃し、退却しつつ挟み撃ちにする作戦は、その後の重要な戦である耳川の戦い沖田畷の戦いにも用いられ、島津家の九州制覇への足がかりともなっている。

今回の戦で、義弘は家臣たちに以下のように言ったとされる。

「戦の勝敗は数の多少ではない。将兵が一丸となって、勇気を奮って戦えば、必ず勝てる。この義弘に命をあずけよ」

この言葉で士気を高めた兵士たちは自らを鼓舞し、圧倒的兵力差にも関わらず大軍に立ち向かった。この中心的な家臣たちに守られて、島津軍はその後の様々な危機をも乗り越えていくこととなる。

島津家のその後の勇猛果敢な戦いぶりが評価される一戦となるこの木崎原の戦い。名だたる武将にはこうした歴史的な一戦があることを忘れてはならない。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP