丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「岩屋城の戦い」玉砕覚悟の相手に、多くの島津兵を失った?
──天正14年(1586年)

岩屋城の戦いは、島津忠長が高橋紹運がこもる岩屋城を落城させた合戦である。

合戦の背景

天正12年(1584年)沖田畷の戦い龍造寺隆信を討ち取ったことで、肥後国の隈部親永・親泰父子、筑前国の秋月種実、肥前国の筑紫広門といった九州の諸勢力の多くが、島津氏の下になびいてきた。そして島津氏は、九州統一を阻む勢力が大友氏だけとなったことから、島津忠長らを大将として筑前への侵略を開始。こうして岩屋城の高橋紹運・宝満城主の立花直次・立花山城主の立花宗茂と一戦交えることになったのである。

合戦の経過

九州制覇をもくろむ島津氏は、約2万の軍を岩屋城や宝満城が建っている筑前に派遣した。

天正14年(1586年)7月には岩屋城や宝満山城のふもとにある大宰府に島津の軍が陣を構えると、岩屋城の高橋紹運は763名の兵と共に籠城を行う。一方、島津軍大将の島津忠長は降伏に応じるように勧告を行うが、高橋紹運らはこれに応じず徹底抗戦の構えを見せた。

7月14日、島津軍は岩屋城の攻撃を開始することになる。圧倒的に数的有利だった島津軍だが、その大半は他国衆だったことから戦意に欠けていたところがあり、また、高橋紹運の采配によって撃退を受けて兵力を消耗していった。

しかし、7月27日に島津忠長自らが指揮を執って総攻撃を行い、高橋紹運の家臣らを次々と倒していった。やがて残るは紹運の籠る詰の丸だけになり、紹運は高櫓に登って壮絶な割腹をして果てたという。こうして合戦が幕を閉じ、高橋紹運以下763名が討死・自害し、生き残った者は誰一人なかったという。なお、763名という戦死者の数は確証はなく、その他にも諸説ある。

島津軍の最初の攻撃を受けるだろうと予測された岩屋城であったが、高橋紹運が敢えて入城したのは、立花城や宝満城への攻撃を避けるためだったという。これらの城には彼の子供や非戦闘員の女・子供たちがおり、豊臣軍の援軍が来るまで自らを囮にして徹底抗戦することで、立花城や宝満城への攻撃を遅らせていたのである。

島津軍は高橋紹運の器量を惜しんで降伏するように何度も説得を行っているが、紹運は、「主家が盛んなる時は忠誠を誓い、主家が衰えたときは裏切る。そのような輩が多いが私は大恩を忘れ鞍替えすることは出来ぬ。恩を忘れることは鳥獣以下である」と断り、味方だけでなく敵将からも称賛を受けたといわれている。

戦後

この合戦は高橋紹運以下の全滅によって島津軍の勝利で幕を閉じた。しかしながら、大軍を投じた島津軍も死傷者が4千5百を超えており、その疲弊度は少なくなかった。態勢を立て直すために時間を要することになったため、立花宗茂が籠っていた立花山城への攻撃が鈍ることになった。立花山城への攻撃に手間取っている最中に、豊臣勢の20万を超える大群が九州に上陸。そのため、島津軍はやむを得ず薩摩に兵を引き返すこととなった。つまり高橋紹運がその命を引き換えにして戦った岩屋城の合戦は、島津軍の九州制覇を阻止する要因となったのである。

なお、高橋紹運の首実検を行った際、島津忠長や諸将らは「我々は類まれなる名将を殺してしまったものだ。紹運と友であったならば最良の友となれたろうに」といって椅子から降りて正座し涙にくれたと伝えられている。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP