丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「真田昌幸」因縁の敵・家康を苦しめ、"表裏比興"と呼ばれた幸村の父

真田昌幸の肖像画
真田幸村の父で知られ、秀吉からは "表裏比興" と呼ばれた真田昌幸。
その生き様は主君を裏切る連続であり、北条・上杉・徳川とは敵味方を繰り返すものだった。だが、昌幸の根底にあるものは、先祖代々からの真田の本領と、武田家臣時代に自ら切り取った領地を守るためだったのである。

誕生~家督相続(1547-75年)

昌幸は天文16年(1547年)真田幸隆の三男として誕生した。幼名は源五郎。
当時、父・幸隆が武田信玄に服属しており、昌幸7歳となった天文22年(1553年)に人質として信玄に差し出されることになった。

「耳聞き」に抜擢

その後、時期は定かではないが、昌幸は信玄の奥近習衆(=信玄の側に仕え、身辺の世話などの雑務をする者)に抜擢されたという。人質から側近になるという昌幸の異例の抜擢の背景には、昌幸の人を見る眼力があったとされ、それを信玄が一目置いたことにあった。
信玄は若き6人の家臣を選抜し、家中の者を密かに観察させる役(=「耳聞き」と呼ばれる)を置いていたが、昌幸はその中の1人であり、彼らには「私心」が全くなかったという。

昌幸の初陣は、永禄4年(1561年)に武田信玄と上杉謙信の最大の激闘となった「第四次川中島の戦い」といわれ、このとき昌幸は土屋昌続らとともに本陣の守りの戦闘で信玄の周りを固めていたが、これに全く動じなかったという。

その後、昌幸は永禄12年(1569年)から元亀3年(1572年)にかけ、"喜兵衛尉"、さらには大井氏の一族・武藤氏に養子入りして "武藤喜兵衛尉昌幸"と称したといい、その間に "三増峠の戦い" や駿河国花沢城の攻防戦等、北条氏との戦いで武功を重ね、足軽大将にまで出世したとみられる。

父の死と家督相続

やがて信玄が亡くなると、引き続き後継者の武田勝頼の側近として仕えたが、信玄の死の前後には "奉者"としても活躍していたようである。

天正2年(1574年)には父の幸隆が信玄に続くように死去。家督は昌幸の長兄・真田信綱が継いでいたものの、その信綱もまた、次兄・昌輝とともに翌天正3年(1575年)長篠の戦いのときに討死を遂げてしまう。父と2人の兄を失った昌幸だが、悲しみにくれる暇もなく、勝頼から真田家の後継者となるよう命じられるのであった。

沼田攻略と武田氏滅亡(1576-82年)

真田家の当主となった昌幸は、まもなくして甲府を離れ、天正4年(1576年)には白井城代となって上野国支配の中心的立場を担った。

甲相同盟の破綻

天正6年(1578年)、越後で上杉謙信が病没し、「上杉景虎 vs 上杉景勝」による家督争いが勃発する。御館の乱

このとき、北条と同盟関係にあった武田は、景虎支援の要請を受けて越後国へ出兵するが、この乱がきっかけで武田と北条は手切れとなる。

武田が越後に出陣したにもかかわらず、北条氏は自国での合戦に謀殺されて越後に出兵できなかった。このことで武田勝頼が不信感に思い、昌幸に東上野の上杉領の調略を指示するが、このとき北条方が抗議してきたので昌幸は手を引いている。 しかし、勝頼は上杉景勝から和睦の打診を受けて、景勝と同盟を締結(甲越同盟)してしまうことに。勝頼は景勝と景虎の和平を取り持とうとしたが、結局これに失敗して自国へと撤退してしまう。

この撤退が響いて翌天正7年(1579年)3月、景虎が敗れて乱の決着となったが、これをきっかけに武田と北条の関係は悪化し、甲相同盟が破綻するのである。

沼田城攻略

同年9月からは駿豆国境で武田と北条の戦いが開始されるが、同時期に北条氏政徳川家康と同盟を締結したため、武田勢は駿河国・遠江国で徐々に守勢に回っていく。しかしながら、上野国では北関東の諸大名(佐竹・結城・宇都宮・那須氏ら)が提携して北条包囲網を形勢していたのもあり、戦局を有利にすすめていった。
このとき昌幸は宇都宮氏への情報提供や軍事作戦上の相談を担ったとみられる。

そして、翌天正8年(1580年)に勝頼から東上野の沼田城攻略を命じられた昌幸は、猿ヶ京城や名胡桃城など、北条の諸城を調略によって次々に奪取。そしてついには沼田城を包囲し、これも調略によって無血開城を成功させた。 昌幸はこの功績により、以後の上野国支配をまかされ、上野国のいくつかの諸城を管轄下に置くまでに至ったのである。

武田滅亡

しかし、天正9年(1581年)に入り、武田家は自滅への道を歩みはじめる。

勝頼は同年1月に甲斐に新府城の築城を命じ、兵士らに税金負担を強いており、さらに同3月の高天神城の陥落時には、援軍を要請されたにも関わらず、後詰めを送らなかった。その一方で信長は武田征伐に向けて正親町天皇に働きかけ、武田勝頼を朝敵と見なすように仕向けていたのである。

このため、武田家中には動揺や不満が蔓延し、内部崩壊の土壌が整うことになった。

天正10年(1582年)になると、織田信長・徳川家康連合軍による本格的な武田領国への侵攻が開始された。

武田最期の軍議において、昌幸は甲斐を捨てて上野岩櫃城で再起をはかるように進言するが、この献策は退けられ、結果的に郡内領主・小山田信茂の献策が選択されることになった。

しかし、勝頼は信茂の居城・岩殿城を目指す途中で信茂に裏切られてしまい、行く場を失った勝頼は、織田方に追い詰められて、最期は自害。ここに名門・甲斐武田氏は滅亡となった。

表裏比興者!?

旧武田領の争奪戦

武田が滅んで主君を失った昌幸は、真田一族生き残りのため、信長への従属を選択し、織田氏の重臣・滝川一益の与力となったが、わずか数カ月後には本能寺の変で信長が横死したことで、再び主君を失ってしまう事態に。そして旧武田領は、織田氏が支配してから日も浅かったため、信長の死をきっかけに一揆が勃発し、やがて空白地帯と化していった。
ここに徳川・上杉・北条の3氏、そして真田昌幸をはじめとする武田遺臣らによる争奪戦が勃発することになる。(天正壬午の乱

真田の本拠である信濃国小県郡は、まさに戦場の中心に位置しており、真田昌幸は戦乱に巻き込まれるのは必定であった。だが、この困難な状況の中で、昌幸は智謀をめぐらし、狡猾に立ちまわって主君を次々と転じていき、最後まで自領を守りぬいた。

この争奪戦は数カ月にも及んでいるが、昌幸はその間に「織田→上杉→北条」と転じ、やがて乱の後半に徳川軍と北条軍の戦いの相を呈してくると、最後には徳川家康に転じている。

結果的に戦いは、進退に窮した北条方から徳川方に和睦の打診があって講和となったが、昌幸にとってこの和睦は到底受け入れられるものではなかった。というのも、和睦条件の中には”信濃・甲斐国=徳川のもの”、”上野国=北条のもの”とする割譲条件が含まれていたからである。

昌幸にとって”上野国=北条のもの”とすることは、武田勝頼より上野国の領地を受け継ぎ、この乱で自ら切り取った上野国吾妻郡(岩櫃城など)や利根郡の沼田領(沼田城など)をも北条方に明け渡すということであった。
これがいわゆる"沼田領問題"であり、北条家との長きにわたる対立、さらには主君である徳川家康との決裂にもつながるのである。

家康と対立

徳川方となった昌幸は、翌天正11年(1583年)には北条氏や上杉氏についていた禰津・屋代・室賀氏らを調略によって相次いで徳川氏に帰属させ、反抗する丸子氏らを滅ぼすなど、家康の佐久・小県郡制圧に大きく貢献。また、同時に家康の力を借りて上田城の築城を実施し、その周囲に城下町も築いた。なお、この年は家康から沼田領の北条方への引き渡しを求められたが、昌幸はこれを拒否している。

そうした中、天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いが勃発。これは信長死後に台頭した羽柴秀吉と不和になった織田信雄が家康を頼り、家康が大義名分を得て秀吉との戦いに臨んだ合戦である。
昌幸ら信濃国衆は、秀吉に好を通じている越後の上杉景勝を牽制するために信濃に残留している。この合戦期間中に家康は沼田問題で思惑どおりに動かない昌幸の暗殺を計画。小県郡の国衆・室賀正武に命じるが、昌幸は逆に室賀を葬っている。

この事件で昌幸は小県郡を統一。同時に家康との手切れを悟ったとみられ、上杉氏に転じることを模索しはじめる。なお、小牧・長久手の戦いは信雄が単独講和し、家康も大義名分を失ったことで収束となった。

天正13年(1585年)、家康は再び昌幸に対して沼田領を北条氏に引き渡すように迫った。しかし、昌幸は自らが確保した土地を引き渡すことはないとして頑なに拒否。その後、かねてから上杉家と交渉をすすめていた昌幸は、 次男の真田幸村を人質として景勝に差し出し、ついに家康と断交して上杉に従属することになった。

これを知った家康はすぐさま鳥居元忠大久保忠世、平岩親吉ら約7千の兵力を昌幸の居城・上田城に侵攻させているが、昌幸は少数の兵でありながら、策を用いて徳川軍に圧勝した第一次上田合戦

天正同年、次男・幸村は景勝の人質から、盟主である豊臣秀吉の人質として大坂に出仕、昌幸は豊臣氏に臣従することになる。

豊臣政権期の真田

豊臣氏に臣従

天正14年(1586年)、氏直と家康の真田攻めが続くなか、家康が秀吉に出仕することになる。これにより真田攻めは中止となり、その代わりに、秀吉の命令で昌幸は家康の与力大名となった。

1587年(天正15年)、昌幸は駿府を訪ね家康と会見し、その後大坂で秀吉と謁見、名実ともに豊臣家臣となった。

秀吉は様々な手段を使い家康に大坂城へ出仕するよう促していたが、家康はこれを拒否。そこで、秀吉は家康をなだめる手段として、真田領を争っている問題の解決に向け、家康の真田征討を容認することを示唆。また昌幸を「表裏比興の者」と評し、景勝に昌幸を支援しないよう指示。昌幸は危機に立たされたが、家康が大坂城への出仕に応じ、真田征討が中止になったことで難を逃れた。

1589年(天正17年)には秀吉による沼田領問題の裁定が行われ、沼田城を含む利根川以東が北条氏に、昌幸は代替地として伊那郡箕輪領を得て、双方はこれを受諾。その後、北条氏家臣・猪俣邦憲による名胡桃城奪取事件が起きた。 これを惣無事令違反として秀吉は北条討伐を決意。

1590年(天正18年)、豊臣政権による小田原征伐が開始された。昌幸は信幸・幸村を連れて上田城を出陣。上杉景勝・前田利家ら北国軍とともに北条領の上野に侵入、北条氏重臣の大道寺政繁が守る松井田城を包囲しつつ、国峰城などの要衝を陥落させていった。

松井田城を攻略すると上野における北条氏の属城を次々と落としていった。このとき昌幸は上野での仕置を秀吉より命じられ、武器・兵糧・弾薬の没収を務めている。その後は前田・上杉軍とともに武蔵方面の北条氏の領土を制圧していき、先に小田原城を包囲している豊臣軍と合流した。
北条氏は降伏・開城し、秀吉による天下統一が達成された。

北条滅亡後、昌幸は秀吉から旧領を安堵され、家康牽制の一端を担うことになった。また、沼田領は嫡男・信幸に与えられ、信幸は昌幸の上田領とは別に独立することになる。

関ヶ原敗戦と九度山生活

家康と再対立

1598年(慶長3年)、秀吉が病没。死後の豊臣政権においては五大老筆頭の家康が台頭します。自ら天下人になろうと影響力を強めていく家康と、それを阻止しようとする石田三成らとの対立が激化していく。

1600年(慶長5年)、家康は会津に帰国したまま出仕に応じない景勝を討つため出陣。家康の出陣後、三成らは景勝と組んで家康を挟撃しようと画策。家康に合流しようとしていた昌幸らは下野国犬伏(現在の栃木県佐野市)で三成からの密書を受け取った。

昌幸は信之・幸村と話し合い、信之は正室が家康の功臣・本多忠勝の息女であり、また家康の信任も厚いことから、徳川氏に残り、豊臣氏と縁の深い三成の盟友・大谷吉継の息女と姻戚にあった幸村と、秀吉の恩恵を受けた昌幸は三成に加担することを決断。 双方は袂を分かつことになった犬伏の別れ

三成挙兵を知った家康の軍は江戸へ引き返して関ヶ原へ向かうことになった。一方で三成に与することを決めた昌幸と幸村は軍勢を率いて上田城に戻り、籠城の準備を整えた。
昌幸らの離反を知った家康は三男・徳川秀忠率いる大軍を向かわせてきた。秀忠隊は江戸を経由して中山道を下り、上田城攻略を開始した。昌幸はこれをわずか2,000の兵力で篭城して迎え撃った第二次上田合戦

秀忠はまず、信之と本多忠政を使者にして昌幸の帰順を勧告した。しかし、昌幸は帰順すると見せかけ、土壇場になって態度を翻して抗戦の意思を示し、秀忠を挑発したという。こうして始まった戦いは、昌幸が地の利を生かし、敵を城内に誘って反撃・奇襲するといった策で徳川軍を翻弄して撃退に成功した。

秀忠隊はこの後に関ヶ原の決戦に参加する予定であったが、ここで足止めされたことで決戦に間に合わず、のちに家康から叱責されている。

第二次上田合戦の徳川軍の惨敗ぶりは「我が軍大いに敗れ、死傷算なし」とまで伝えられている。

関ヶ原合戦後

再び徳川方を撃退した昌幸であったが、関ヶ原の戦いでは三成ら西軍があっけなく敗戦となった。昌幸はその報が届いた後、降伏せずに討ち死に覚悟で徳川方と戦うつもりであったが、信之の説得もあってやむなく降伏・開城したという。

昌幸・幸村父子は家康に上田領没収と死罪を決定を下された。しかし、徳川方に残った信之の必死の嘆願もあって助命となり、高野山への追放・蟄居となった。そして、昌幸は幸村とともに高野山に向かい、麓の九度山で生活を送ることになった。

死の間際には大阪の陣を予言し、幸村に徳川軍との戦いの秘策を伝授したともいわれている。

慶長16年(1611)、九度山で病死。享年66。





おすすめの記事

 PAGE TOP