丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

光秀と筒井順慶との関係 「洞ヶ峠を決め込む」は濡れ衣?

筒井順慶の肖像画

光秀の天下をかけた戦いである山崎の戦い。この戦いで光秀の要請に応えず傍観し、結局は秀吉方についた武将として知られるのが筒井順慶です。

この出来事は「洞ヶ峠を決め込む」だとか「洞ヶ峠の日和見」だとか、光秀につくか秀吉につくか、はっきりとは定めず傍観を決め込んだ日和見主義という悪評が筒井順慶についてまわる原因となりました。しかし、実際にはこの故事のような単純な話ではなかったのです。
(文=東 滋実)

筒井 順慶とは

筒井順慶は1549(天文18)年3月3日に大和国の筒井城城主・筒井順昭の子として生まれ、幼くして家督を継ぎました。三好長慶の家臣であった松永久秀に侵攻されて筒井城が奪われ、奪還するもまた奪われる……と苦難が続きます。やがて光秀とのつながりから信長の家臣となり、大和守護に就くことになります。

「洞ヶ峠を決め込む」だけではない、順慶由来の故事「元の木阿弥」

順慶の父・順昭は、4氏が勢力を持ち拮抗していた大和国内で勢力を拡大しつつあり、大和一国をもうすぐで手に入れるほど力をつけていました。しかし28歳の若さで病にかかり死去。そのとき、嫡男の順慶は2歳でした。年端もゆかぬ幼子だったため、順昭は弟らを補佐につけています。

また、対外的には順昭が亡くなったことを伏せ、周囲の目を欺くために自分によく似た盲目の「木阿弥」という者を影武者に立て、順慶が成人するまで(数年であったとも)順昭の死を隠しました。木阿弥は貧しい暮らしから一変して、影武者時代に贅沢な暮らしを送ることができましたが、用済みとなった後は元の生活へ。このことから、一度よくなったものがまたもとに戻ることを「元の木阿弥」というようになったと言われています。

光秀の与力として

1571(元亀2)年、順慶は光秀とのつながりから信長の家臣になりました。信長に降参して、仲介してくれたのは光秀だったのだとか。そうして光秀の組下大名となったのは大坂本願寺攻めごろだとされています。それ以前に松永久秀も信長の家臣となっており、石山本願寺攻めなどにも参加していました。同じ信長の家臣となったことで順慶と久秀は和睦しています。ただ、もともと義昭の幕臣であった久秀はこのころ義昭と通じており、すでに反信長の動きを見せていました。

元亀3年、久秀は三好三人衆らとともに信長に謀反。長年敵対していた久秀のこの行動に、順慶はこれを好機と見てその討伐に参加しています。

光秀の与力として働いていた順慶は、本願寺攻めなどにも加わり忠勤に励みました。それからしばらく、またもや久秀が信長に敵対する勢力とともに謀反を企てると、ついに討たれて自害。久秀が滅んだことで空いた大和守護の座ですが、信長は当初光秀に与えるつもりだったといいますが、光秀はこれを辞退して順慶を推挙し譲っています。

光秀は戦死した家臣のために弔いの寄進米を供えるほど家臣への気遣いを欠かさない人物だったといいますが、この順慶の推挙も、長年居城を取り戻そうと尽力してきた順慶を知っていたからこそでしょうか。光秀の慈悲深さがうかがえます。 順慶が大和を奪還できたのも光秀の支えによるところが大きく、1580(天正8)年、大和郡山に居城を移転する際、新しい城の縄張を光秀に依頼し、大和国内の検地も光秀に指南されています。

光秀の子を養子にした?

『明智軍記』によれば、光秀は第六子である十次郎(十二郎/自然?)を順慶の養子にしたとされています。十次郎は次男の定頼。この十次郎は光秀が山崎の戦いで討死したあと、明智秀満とともに坂本城で亡くなったとされています。出典が『明智軍記』であるため、順慶の養子となったかどうか、真偽のほどは定かではありません。高柳光寿氏は、著書『明智光秀』(吉川弘文館)において、順慶が信長の命で光秀の子を養子にしたのは疑わしい、と述べています。

ただ、もし事実だったとすると光秀と順慶は上司と部下という関係以上に結びついていたということで、互いにその存在を重視していたことが推測できます。

それ以外にも、光秀の五女が順慶の養子である筒井定次の妻となった(正妻・信長の三女と同一人物とも)という説もあり、姻戚関係にあった可能性も考えられます。

文化面での交流

光秀は連歌や茶の湯など、文化に通じた教養人としても知られていますが、順慶も同様に文化に通じた人物でした。 例えば茶の湯。光秀は天正6年以降、坂本城で年2回は茶会を開いて交友のある人物を招いていますが、こういった場に順慶も招かれていたようです。細川藤孝ほど文化面でのつながりがあったかどうかはわかりませんが、こういう場でも交流していたことから、公私ともに密接に結びついていたことがわかります。

本能寺の変後の行動

それだけ深い結びつきがあった光秀と順慶。しかし、本能寺の変後の行動としてよく知られるのは、順慶が光秀の再三の要請に応じることなく、大和郡山城で戦の形成を傍観しながら秀吉に誓紙を出して自らの保身に走ったという日和見エピソードです。「洞ヶ峠の順慶」といわれ、洞ヶ峠まで兵を進めておきながらどちらに味方するでもなく、結局は秀吉に従った。これは事実と誤りがごちゃ混ぜになったエピソードで、実際はもう少し複雑でした。

1582(天正10)年6月2日、本能寺の変が起こった当日、順慶は信長に中国出陣を命じられていたため大和郡山城を出て京都に向かっていましたが、その途上で変の報を耳に入れます。家臣を呼んで評定を重ねましたが、光秀は順慶にとって信長の家臣となる際に仲介してくれた恩人であり、宴席関係にもある人物。ないがしろにはできません。

進んで協力したかどうかは不明ですが、この翌日には大和郡山城に戻って兵を出し、辰市、大安寺、東九条あたりを警備しています。

このとき、光秀と敵対する側の、信長の三男・信孝や家臣の丹羽長秀らも順慶に援軍を要請していたようですが、順慶はこれには手を貸さず、6月5日、一部の兵を光秀の兵とともに近江へ送り攻め入っています。全面的に協力したとは言えませんが、信孝・長秀のほうを無視する形になっているので、この時点では光秀の援軍要請にしっかり応えていることがわかります。

しかし、その後数日の間に状況は一変。備中高松城で毛利とにらみ合っていたはずの秀吉の進軍が意外にも速く、状況をすぐさま理解した順慶は出陣を中止し、米や塩を大和郡山城に入れて籠城に備えます。これが6月9日のこと。

光秀は藤田伝五を使者に立て説得しますが、11日、順慶は秀吉に誓紙を出しています。光秀は洞ヶ峠に陣を敷いて順慶を待ちますが、順慶が動くことはありませんでした。洞ヶ峠で待ったのは光秀のほう。兵で威圧する意図もあったと考えられています。あきらめた光秀は11日に洞ヶ峠のじんを撤去し、山崎の戦いで明智軍は痛手を負い、6月13日、敗走するさなかに落ち武者狩りにあい、最期は自害して果てたと伝わります。

このとき、光秀は古くから付き合いのあった組下与力である順慶や細川藤孝の援軍を期待していました。しかし双方ともに背を向けられる結果となり、想定していた数よりも少ない兵力で戦う羽目になりました。順慶のおよそ18万石、細川藤孝のおよそ12万石。これらを味方につけられていたなら、光秀の運命はどうなっていたでしょうか。勢力を立て直すことはできたかもしれません。

協力しようとしたことに偽りはない

順慶は最後には光秀に背を向ける結果になりましたが、途中までは協力する意思があったことが見て取れます。細川藤孝・忠興親子も同様に協力を要請されていますが、こちらのほうははなから応じず、藤孝は出家・忠興も静観を決めました。この細川親子の行動に比べると、順慶は迷いがあったように感じられます。評定を重ね、最初は協力することを決めた。しかし順慶も家を守ることが第一であり、最後は保身に走ってしまった。もし秀吉がもうすこし遅ければ、順慶は光秀に全面協力して戦っていたかもしれない、そんなふうに思えます。





おすすめの記事

 PAGE TOP