丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

【逸話 LINEトーク画風】幸村、和睦期間に甥・真田信吉の陣を訪れる(1615年)

  • エピソード
 2017/10/18

※『翁物語』より

和睦成立後のある夜、幸村が甥の真田信吉(信之の長男)の陣を訪れた。

信吉は父・信之の代わりに真田藩士を率いて大阪冬の陣に参陣し、徳川幕府軍による大阪城包囲の一翼を担っていた。信吉はこのときまだ19歳で、叔父の幸村と会うのは幼少のころ以来の事であった。

--大阪城近く、真田信吉の陣所--

信吉家臣ら

幸村様がお越しになられたぞ!!

・・がやがやがやがや・・

家来アイコン

そして、幸村はいかにも信吉の叔父といった貫禄で上座に座った。

<a href='https://sengoku-his.com/400'>真田幸村</a>アイコン

幸村

お主が信吉か・・・?

これはすいぶんと大きく立派になったものだな!

信吉

叔父上。大変おひさしゅうございます。 (・・といっても叔父上の事、ほとんど覚えていないんだけど。。)

家来アイコン
真田幸村アイコン

幸村

お主がまだ4歳の時に会って以来だったかな・・。

まさかこんなに立派で優れた男になっていたとは。伊豆守殿(=真田信之)が年老いても心配なかろう。

信吉

それがしにはもったいないお言葉でございます(ニヤリ)。

こたびは城から離れた真田丸を守備して誠に御苦労様です。御扱い(=和睦)にならなかったら危ないところでしたね。

家来アイコン
真田幸村アイコン

幸村

そうだな・・。徳川のあれだけの大軍に攻め立てられたら、敵うわけがあるまいな。
しかし、それがしも最初から覚悟を決めておる。そうやすやすとやられるわけにもいかない。

信吉

・・・・。
(我が父上にも劣らない大したお方だ。)

家来アイコン

そうこう話をしていると、やがて盃が出てきた。

そして幸村は老臣の矢沢但馬守頼幸(=矢沢三十郎)、木村土佐守綱茂、半田筑後守、大熊伯耆守の四人を呼び出して一緒に酒を飲んで、城へ戻ったのであった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

該当カテゴリと関連タグ



おすすめの記事


 PAGE TOP