丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン
  • 真田幸村
 2019/03/28

「竹林院」幸村の正妻で大谷吉継の娘。大河真田丸では松岡茉優さん演じる

竹林院のイラスト

大河ドラマ「真田丸」では「春」という名前で女優の松岡茉優さんが演じていました。春という名前のごとく桜のようなピンク色が似合う不思議キャラと、時たま見せるヤンデレキャラがとても魅力的でした。

今回は大谷吉継の娘であり、幸村の正室であった「竹林院」をご紹介します。
(文=趙襄子)

大谷吉継の娘

竹林院は豊臣秀吉を頂点とする豊臣政権下の「五奉行」の一人である大谷吉継の娘として生まれました。吉継の妹や姪という説もありますが、二人の出会いは幸村が大坂城に真田家の人質として赴いていたころと考えられています。

弱小ながらも戦に強い真田家を取り込んでおきたいと考えたであろう秀吉の上意によって有力奉行であった大谷吉継が娘を見合わせて夫婦にしたようです。

彼女を妻にしたことで幸村は秀吉にさらなる忠誠を誓ったことでしょう。そして吉継の同僚には切れ者の吏僚・石田三成がいました。

家計を助けた「真田紐」

慶長5年(1600年)、東軍率いる徳川家康と西軍率いる石田三成がぶつかった関ヶ原の戦いの際には、義理の父である大谷吉継が味方したためか幸村も三成に味方し、父・真田昌幸と信濃国の上田城に籠城して東軍本隊を関ヶ原に合流させませんでした。

そのころの彼女は吉継の計らいで昌幸の正室の山手殿と一緒に大坂で保護されていましたが、西軍が東軍に惨敗し吉継が関ヶ原で討たれると夫・幸村は罪に問われ、高野山に追放されたのち紀伊国の九度山に幽閉されてしまいます。

彼女は九度山で幸村に合流したと考えられ、二人の間には嫡男・大助、次男・大八、六女・阿菖蒲に七女・おかねと2男2女に恵まれたものの、九度山での蟄居生活は大変厳しいものだったようです。大河真田丸では春の鬱屈ぶりが見事に表現されていましたね。

そんな中、彼女は真田紐なるものを作り、それを家臣たちに行商させて家計を支えたといいます。この紐は伸びにくく丈夫で重いものを吊ったり、しっかりと物を縛るのに大変重宝されたようです。

幸村亡き後の竹林院

反徳川勢力として幸村が秀吉の後継者である豊臣秀頼に大坂城に招かれると彼女も夫とともに大坂城に入りました。しかし慶長20年(1615年)に大坂夏の陣で幸村が戦死すると、残った子女を連れて彼女は落城する大坂城から落ち延びました。

しかし潜伏していた紀伊国で浅野長晟に捕らえられると、家康の前に引き出されてしまった彼女でしたが何とか赦免され、許されたのちは娘一家の保護を受けながら京で余生を送りました。

天寿を全うした彼女は慶安2年(1649年)5月18日、京で亡くなっています。戒名は「竹林院殿梅渓永春大姉」といい、墓所である臨済宗妙心寺塔頭大珠院にて、大坂夏の陣で散った夫・幸村と嫡男・大助と一緒に静かに眠っています。


【主な参考文献】
  • 平山優『真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実』(KADOKAWA、2015年)
  • 丸島和洋『真田一族と家臣団のすべて』(KADOKAWA、2016年)




おすすめの記事




 PAGE TOP