丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

【逸話 LINEトーク画風】信玄、興津清見寺付近での対陣

  • エピソード
 2019/01/01

興津清見寺付近での対陣

  • 【原作】『名将言行録』
  • 【イラスト】Yuki 雪鷹
  • 【脚本】戦ヒス編集部

永禄13(1570)年正月26日、北条氏政は駿河国の薩た峠に進出して陣地を構え、武田信玄の背後に迫って封鎖。

これに信玄は、山県昌景を駿府に留め、本陣を久能城(清水市久能)におき、武田信豊を興津清見寺に進ませ、薩た峠の北条軍に対抗する。これは興津清見寺付近での対陣に関する話である。

━━━ 駿河国・興津河原 ━━━

武田信玄アイコン

信玄

酒じゃ!皆の分が足りるよう酒を買うてこい!

今川氏の救援にやってきた北条軍と武田軍とが興津河原(=静岡県静岡市清水区)で対陣していたとき、正月で浜風も強くふき、敵味方ともに耐えがたい寒さであったという。

武田家臣の一人

はっ!かしこまりました。

家臣アイコン

信玄はこうして酒を買うように命じ、寒さを凌ぐために多くの釜を集めて酒を温めると、家臣らにも酒を与えた。

武田信玄アイコン

信玄

どうじゃ?酒を飲んでずいぶんと身体も温まったか?

武田家臣の一人

はい、しかしそれでもまだ寒うございます!

家臣アイコン
武田信玄アイコン

信玄

ふはははは!

こうして平地で酒を飲んでいても寒いか!
じゃが、山の上にいる北条勢はもっと寒かろう。

武田家臣の一人

たしかに・・・ごもっともでござりまする。

家臣アイコン
武田信玄アイコン

信玄

わしの言いたいことがわからぬか?

武田家臣の一人

は?

家臣アイコン
武田信玄アイコン

信玄

北条勢は高いところに陣はかまえていても、あまりの寒さに麓に降りて油断しているだろう。

今飲んだ酒が醒めぬうちに敵の陣を撃ち取ってしまえということじゃ!

武田家臣の一人

そういうことでございましたか。さすが御屋形様!ただちに出陣いたします!!

家臣アイコン

そうして武田勢の先鋒が敵陣のある薩山へ攻め上がると、案の定1人2人が残っているだけであり、ほとんどの者が麓に降りていたため、あっさりと陣屋を破り、さらに武具や馬具を多く奪って帰ってきたという。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

該当カテゴリと関連タグ



おすすめの記事


 PAGE TOP