丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

坂本城主時代の明智光秀の事績を追う!

坂本城の光秀像
坂本城の光秀像

光秀ゆかりの城はいくつもありますが、いちばん印象的なのは坂本城ではないでしょうか。それ以前にも光秀が比叡山焼き討ちの武功によって信長から近江国志賀郡を与えられて得た城であり、光秀のターニングポイントでもあるのです。
(文=東 滋実)

信長に近江国志賀郡を賜る

明智光秀が信長から近江国志賀郡を賜ったのは、1571(元亀2)年のこと。光秀は比叡山焼き討ちを中心で指揮して武功をあげたことによるものでした。

光秀は幕臣か、信長家臣か

ここで気になるのは、この時点で光秀は幕臣・信長家臣のどちらに属していたのかということ。義昭の上洛自体、光秀が両者をつなく役割を担っていたと考えられます。両者の橋渡し役として両属していたとみられていますが、光秀はこの後、義昭から完全に離れることになります。

光秀はどのタイミングで義昭と袂を分かつ決断をしたのか。それはおそらく、坂本城城主となったことではないかと思われます。光秀は元亀2年に志賀郡を賜って以降、同年中に坂本城築城に着手しはじめますが、同じ12月、義昭に暇乞いの書状を出しています。将軍の近臣である曽我助乗(そがすけのり)に宛てた書状で、どうか取りなしてほしいと送ったものでした(『神田孝平氏所蔵文書』)。

義昭との間に何か問題が生じた結果と思われます。義昭と信長との関係が悪化していった流れで光秀との関係にも亀裂が入ったのでしょう。この時点で光秀はかなり信長側に傾いており、もはやこれ以上幕臣としてはやっていけないと決断して暇乞いをしたのだと考えられます。義昭と光秀の関係に亀裂が入ったきっかけはおそらく志賀郡を信長から任されたことでしょう。そして光秀が義昭をあっさりと見限ったのも、信長から重要な地の支配権を与えられた、このことが大きいように思われます。

主君であった義昭と直接的に対立するのは1573(元亀4)年の今堅田の戦いですが、もうその1年以上前には完全に信長の家臣に転じていたと考えてよさそうです。

坂本城築城

安土城より先に天守が建てられる

光秀が坂本城築城に着手したのは元亀2年12月のこと。同年代に建てられた城で豪華な城といえば真っ先に安土城が思い浮かべられますが、1576(天正4)年に築城が開始された安土城よりも先に、坂本城の天守が建てられていました。五重以上の巨大な天守が初めて造られたのは安土城が最初といわれていますが、光秀が建てた坂本城の天守もなかなかすばらしいものだったようです。

元亀3年12月22日に坂本城を訪問した吉田兼見の日記『兼見卿記』には、建築途中の天守を見て驚いたことが記されています。今は跡形もない坂本城ですが、兼見のこの記録によって、当時天守が築かれていたことが確認できるのです。

光秀は今堅田の戦いの後にその功によって西近江を与えられ、また坂本城築城のための黄金千両を賜ったとされています。また、この時代の信長政権下では、城に瓦を使用することが許されたのは国持大名だけだったとか。光秀は能力を高く評価され、築城のための潤沢な資金も得ていた。それなら坂本城がとても豪華であったのは当然ですね。

安土城に次ぐ豪華な城

宣教師のルイス・フロイスも著書『日本史』のなかで坂本城について触れています。当時もっとも絢爛豪華・豪壮華麗な城といえば信長の安土城でしたが、フロイスは坂本城をそれに次ぐものであると記しています。

以下、フロイスの評価。

「かの大湖のほとりにある坂本と呼ばれる地に邸宅と城砦を築いたが、それは日本人にとって豪壮華麗なもので、信長が安土山に建てたものに次ぎ、この明智の城ほど有名なものは天下にないほどであった」

フロイスは光秀の性格については酷評しているものが多いのですが、築城については「築城のことに造詣が深く、優れた建築手腕の持ち主」であると評価していました。辛口な評価が多いフロイスのことですから、この評価や坂本城についてのコメントも特に誇張したものではなかったでしょう。現在はその当時の姿を見ることはできませんが、美しい名城であったことがうかがえます。

坂本城の立地・要衝として

光秀が志賀郡の支配権を与えられて坂本城を居城としたのは、比叡山に睨みをきかせるためだったと言われています。信長が拠点とする岐阜から京都への中間地点にあり、重要な地でした。比叡山に眼を光らせつつ、関係が悪化した幕府も抑える必要がある。幕臣であった光秀はその役に最適な人物だったわけです。

その後の義昭との戦いで石山・今堅田を手に入れ、近江は信長の手中におさまります。坂本は対義昭の軍事拠点であり、光秀がその地を任されたということは、信長から家臣として大変評価されていたことがわかります。近江平定後も、丹波攻略のための重要な拠点となりました。信長はのちのち丹波平定を任せることを視野に入れて近江の指揮を光秀に託したのかもしれません。

多くの文化人を招く

坂本城城主となった光秀は、交流のあった文化人たちを招いてさまざまな会を開いています。信長に仕える以前から教養人・細川藤孝と付き合いがあったとされており、友人として長く交流していた光秀もまた、武士にしては高い教養を身につけた人物でした。

連歌会を主催

光秀の連歌の才能がどの程度だったのかはよくわかりませんが、史料として残っている最初の1568(永禄11)年に詠んだものから年月を経るごとに着実に上達していたらしいことはわかっています。

光秀が坂本城の主として連歌会を催したのは、1573(天正元)年6月28日のこと。『兼見卿記』にそのことが記録されています。同史料に次いで坂本城での連歌会が記されるのは天正9年1月6日のこと。それ以外にも、合計9回もの連歌会を主催したとされています。 吉田兼見ほか、細川藤孝親子や連歌師の里村紹巴(さとむらじょうは)らも招かれたものと思われます。

茶会を主催

また、茶の湯をたしなんでいた光秀は坂本城で茶会も開いています。『津田宗及他会記』の記録に残っている最初のものは、天正6年の正月、7・8日の茶会。同年9月にも茶会を開いており、以降は正月と秋の年2回の茶会を定期的に主催しています。

この茶会には、宗及ほか、筒井順慶、細川藤孝親子、茶人の山上宗二など、教養ある人物たちが多く招かれていたようです。その場では、光秀所有の数々の高価な茶道具や、藤原定家の色紙といった名品が披露されたといいます。坂本城は軍事拠点でしたが、光秀が文化人らと交流する場でもあったのです。

訪問者から見る光秀の交友関係

坂本城に関する史料を見ていると、『兼見卿記』の記録が多いことに気づきます。吉田兼見(当時の名は兼和)はたびたび坂本城を訪問しており、光秀と親密な仲だったことがわかります。

ところで、吉田兼見とはどんな人物かというと、京都にある吉田神社の神主であり公卿に名を連ねる人物。卜部氏の嫡流の家系でした。光秀が兼見と交流するようになったきっかけは、おそらく細川藤孝とのつながりでしょう。兼見は藤孝の従兄弟でもありました。

兼見は光秀や藤孝だけでなく、信長や秀吉との交流もあったのですが、特に光秀と仲が良かったと思われます。それは『兼見卿記』の光秀の登場回数からも明らか。坂本城普請に際してはたびたび訪問し、それ以外でもことあるごとに会っている。これは光秀が信長の動静を詳細に伝え、それが兼見にとって利益になっていたというのも大きいでしょうが、趣味も合う親友だったのだろうと感じます。

1582(天正10)年6月7日、本能寺の変の後の話になりますが、兼見は勅使として安土城にいた光秀と面会しています。朝廷は光秀に禁裏守護を任せると勅命を出し、光秀を信長に代わる天下人と認めると言っていたようですから、光秀は本能寺の変から短い期間であっても朝廷と交渉するパイプを持てていた。

光秀は9日には上洛して昇殿し、禁中に銀子を贈っています。朝廷を尊重する姿勢を見せており、それを朝廷も認めた。ここまでスムーズにいったのは朝廷との橋渡し役である兼見との関係が親密であったことが大きいように思えます。光秀は幕府だけでなく、朝廷とのつながりも持っていた。朝廷とのパイプである兼見と親密であったこと、それがよく見えるのが坂本城時代の交流なのです。

西教寺にまつわるエピソードから

滋賀県大津市坂本にある西教寺は、坂本城共近い場所にあったとされています。この寺は光秀やその妻・煕子、それ以外の明智一族らも眠る菩提寺です。西教寺との付き合いから、何が見えてくるでしょうか。

比叡山焼き討ちのとき消失

西教寺は、信長の比叡山焼き討ちに際して消失しています。その再建に尽力したのが、坂本城を居城としていた光秀でした。光秀は西教寺の檀徒になり、坂本城の城門を寄進して移築し総門としています。また、鐘楼堂の鐘は陣鐘だったとか。

比叡山焼き討ちのとばっちりを受けた形ですが、それをフォローしたのが光秀だった。寺を消失させた信長の家臣とはいえ、光秀の復興支援にはずいぶん助けられたでしょう。

戦死した家臣を供養

光秀は、比叡山焼き討ちの際に戦死した家臣らの供養のため、西教寺に供養枚を寄進したという記録が寺に残されています。戦死した部下にまで心を配る光秀の行いはとても珍しく、光秀が心優しい人物であった美談として語り継がれている出来事。

明智氏の菩提寺として

また、西教寺は明智一族の菩提寺でもありました。山崎の戦いで敗死した光秀と、それに先んじて亡くなった愛妻・煕子の菩提を弔われています。光秀は西教寺の復興に助力していたころから、ここを一族の菩提寺としようと考えていたのではないでしょうか。それは、今後坂本の地を自分の拠点として大事に守っていこうという決意の表れだったかもしれません。

光秀が坂本城をどこまで気に入っていたかはわかりませんが、丹波を平定して以降、亀山城を手に入れてもなお坂本城の城主としてあり続けました。天正4年に亡くなった煕子のそばにいたい(※本能寺の変に際して亡くなった説もあり)という思いもあったでしょうが、西教寺を菩提寺としようと定めた時点で、坂本城に強い思い入れがあったのではないかと思うのです。

信長家臣として出世コースを歩む象徴として

坂本城城主時代。それは光秀が勢いをつけ始めた時期ではないでしょうか。義昭と信長に両属していた光秀が信長を主君と定め、信長の優秀な家臣として歩み始めたのが坂本城築城のころです。京都に近い坂本。この地を与えられたことにより光秀は畿内全域を手にするところまで進んでいきます。志賀郡支配はその第一歩だったのです。


【主な参考文献】
  • 高柳光寿『人物叢書 明智光秀』吉川弘文館、1986年。
  • 二木謙一編『明智光秀のすべて』新人物往来社、1994年。
  • 谷口克広『検証 本能寺の変』文芸社文庫、2007年。
  • 新人物往来社『明智光秀 野望!本能寺の変』新人物文庫、2009年。
  • 明智憲三郎『本能寺の変 431年目の真実』文芸社文庫、2013年。
  • 歴史読本編集部『ここまでわかった! 明智光秀の謎』新人物文庫、2014年。etc…





おすすめの記事

 PAGE TOP